男は何歳になっても夢見る少年だよ

おまわりさんのとこで待ってると、父ちゃんは迎えに来てくれた。

「あ、お母ちゃん」

「トモ。ああ、良かった」

父ちゃんの顔を見たおまわりさんは姿勢を正して敬礼をする。

なるほど、顔を見たら分かるのか。

「こ、これは……」

「うちの子がお世話になりました」

 

トモも声を掛けてくる。

「おじちゃん、ありがとうございます」

「トモ君、あとでな」

「なにが?」

これは……、父ちゃんの拳がくるのか。

トモは後ということは、俺は力任せの拳骨を食らうのか。

だから言っていた。

「父ちゃん、これは不可抗力で」

「ここに来たいきさつは分かるが、あそこで何をやったのか忘れたとは言わせんぞ」

「あ、あれは」

「だから、トモ君もだ」

トモも文句ありそうだ。

「おじちゃん、あれは向こうが」

「言っておくが、あの獅子は俺が創ったものだ」

そっちかよ。ってか、あれを父ちゃんが創ったのか。

トモの謝る声が聞こえてくる。

「ご、ごめんなさい」

俺も言っていた。

「父ちゃん、もしかして行ったの?」

「電話があった」

「誰から?」

「クソ爺から。見事な物だったぞと笑いながら言ってきたが、跡を継がせる気は、これっぽっちもないと返しておいた」

「うん。そう言ってくれると嬉しい」

乗れ、帰るぞ。

そう言われ車に乗ると、その車はクソ爺の家の前を通って帰ろうとしている。てことは、反対方向に歩いていたということか。俺の土地勘狂ったのかあ。

 

トモの声がする。

「あ、そうだ。お母ちゃん、カオリは?」

「家で待ってるよ」

「怒ってる?」

「うーん……、そうだね」

カオリって、あのオトコオンナかと思い当たると言っていた。

「トモも、あいつには勝てないってわけか」

「だって殴ってくるんだよ」

「あいつのパンチは痛いだろうなあ」

「すっごく痛い」

うんうん、分かる。

車はトモの家の前で止まった。

「ありがとうございます。お陰で」

おばさんの言葉を遮る父ちゃんは殴る気満々の表情だ。

「それじゃ、トモ君」

「はい?」

「康介、お前もだ」

うへぇ、2人一緒かよ。

観念して仕方なく車から降りてトモの隣に行く。