甥っ子コンプレックス

あらすじ&目次&登場人物

~あらすじ~
ドイツにあるフォン・パトリッシュ候のジュニアであるマルクは、2人の姉と妹に囲まれた3番目であり、長男。

そのマルクは長姉であるマドリーヌに叶わぬ思いを寄せていた。それが、いきなり自分の目の前から消え、数年後は子どもを連れて帰国してきた。

その子どもはヒロトと名付けられ、マドリーヌによく似た男児だった。

自分の姉をポッと出のヒロトに取られ腹が立っているのに、そのヒロトは何故か自分に纏わり付いて来る。

挙句の果てには、自分の書斎に勝手に入りこんで一緒に過ごすようになっていた。

ある日、マルクの目の前でマドリーヌは車に惹かれて死んでしまった。

それがきっかけとなり、マルクとヒロトは自分の部屋に籠ってしまった。

なのに、そんなヒロトを久しぶりに目にしたのは意外な場所だった。

※目次

【おしおき】10

【皆と一緒に】1112

【再会】13141516 ※N/R※17181920

【結婚】21

【甥っ子拉致られる】222324

【男二人旅】25

【敵討ち】2627282930

【男二人旅】31

【大学の交流祭】3233

【ヒロ、ドイツへ来る】34353637

【側付き卒業する】383940

【オーストラリアで】414243

 

※登場人物の紹介

マルク=ボルディーヌ・フォン・パトリッシュ

4人姉弟妹の3番目であり、長男。

長女であるマドリーヌ姉さまが大好きなシスコン。

マドリーヌ・フォン・パトリッシュ=フクヤマ

4人姉弟妹の一番上。

福山博人(ヒロト、ヒロ)の母親。

ナンシー・フォン・パトリッシュ=龍

4人姉弟妹の2番目。

アンソニーの母親。

クララ・フォン・パトリッシュ=安部

4人姉兄妹の末っ子で、リョーイチの母親。

異父弟として、キョージが生まれた。

シェリー

マルクとは幼馴染であり、妻になった女性。

マルクとの間に、ニールと名付けられた男児が生まれた。

エドワード

マルクの親戚。

『御』

ヒロの叔父。