甥っ子コンプレックス

11

ヒロは、以前にもまして私に纏わり付いて来る様になった。

「道場へ行きます」

「頑張って来いよ」

「マルクもです」

「私はスポーツは向いてないんだ」

「色々なスポーツがあるので、やりたい事を言えば良いと思います」

「ヒロ、私は」

「僕も……、私も嫌だけど、マルクは一緒に乗り越えていこうと言ってくれた。あの言葉がとても嬉しくて、だからマルクと一緒に居たいんだ」

「それは嬉しいな」

たしかに言った。

あんな奴等に取られたくなくて、私の方を向いて欲しくて。

だが、スポーツというのは、どうしても無理なんだ。ヒロは諦めというのを知らないみたいだ。

「マルクはサッカーとかバスケットボールが好きですよね?」

「見るのが好きなんだ」

「それなら見に来て」

「ああ、それなら良いよ」

「言質、頂きました」

「へ、言質って……」

 

ヒロに手を引っ張られ、道場へと向かう。

リューゾーが口を開く前に、ヒロは言っていた。

「たまにはバスケットボールをしたいです」

 

その言葉に、皆は驚いてる。

「博人がバスケ?」と訝しそうに聞いてくるのはリョーイチ。

「たまには武術以外をしたいよな」と同意してくるのはキョージだ。

 

溜息吐いて、リューゾーは折れてくれた。

「分かりました。バスケにしましょう。でも、そうなると人数が足りない……」

そんな時、ワダが口を挟んできた。

「マルク様も居らっしゃるし、私もやりたいです。それなら3VS3で、丁度良いのでは?」

という事で、龍三組にはリョーイチとキョージが入り、ワダ組にはマルクとヒロト。

 

リョーイチはマルクに声を掛ける。

「マルク」

「何だ?」

「私は来年、日本に帰るんだ」

「来年……」

「うん。それまでよろしくね。でも、今日のバスケは負けないからね」

「こっちこそ負けないからな。ヒロ、ボール取られるなよ」

「任せて」

 

勝ったのはワダ組だった。

「くそぉー……」と頭の上に両手を置き掻き毟ってるのはリューゾーだ。

「何故、負けたっ」と喚いてるのはリョーイチだ。

「博人が、あんなにすばしっこいとか嘘だろっ」と、キョージも喚いていた。

「それ言うならマルクだろっ。今迄、運動には見向きもしなかったのに、何でっ」

「それもそうか……」

 

嬉しそうにワダは言ってくる。

「博人様はバスケしている方が生き生きしてますね」

「楽しいよ」

今度はマルクに言ってる。

「マルク様もね」

「今迄は見るだけだったけどね。でも、楽しかった」

 

その言葉に、ヒロトは思わず言っていた。

「でしょ。今のマルクの顔ってニコニコしてるよ」

「ヒロが頑張ってくれたお蔭で勝てたからな」

「チームワークが良かったんだよ」

「そうだな」

そんな2人を、仄々と見ていたリューゾーとワダだった。