甥っ子コンプレックス

38

ヒロが日本に帰ってから、側付20人の内の1人が卒業したいと言い出した。

ウィルだ。

7位という位置に甘んじている。

甘えっ子ではないが、どうしてだ。こいつはアンソニーと一緒に裏をやっているので、裏のNo.1という、実際には力のある側付だ。

「マルク様」

「何故だ」

「お願いです。私は、挑戦してみたいのです」

「ここに居ても出来るだろう」

「自分の為に、もっと切磋琢磨したいのです」

「ウィルッ」

「ここには20人も必要ではありません。私は、今迄は甘んじてきた。だけど、自分の力を、外に出ても生きていける力を得たいのです」

「その為に、イタリアから教えに来て貰ってるだろう」

「あの王子は契約が切れたので、既に帰国されてます」

「それならフィルやアランと」

「あの2人は相手になりません。もっと強い相手とやり合いたいです」

「とにかく、駄目なものは駄目だ」

「マルク様っ」

「駄目だっ」

ヤリ手の側付に抜けられるのは嫌だ。

そんな時、ヘル・グスタフォーからイタリアと隣接した私有地に、何者かが侵入していると情報を貰い、そいつを捕獲するようウィルに指示する。

「え、どうして私だけ」

「生きて連れて来るんだ。お前なら出来るだろ」

「マルク様?」

「お前は強いからな」

「分かりました。その代り、連れて来ると、先程の話は了承して頂けますか?」

「そいつの状態次第だな」

「生きて、傷も付けずにですか?」

「お前なら出来るだろう?」

「やります」

 

ウィルは2週間ほどで、そいつを連れて帰ってきた。

言われた通りにウィルは傷を負わせる事も無く、そいつを連れ帰ってきたので腹が立ち、そいつの腹に鞭をくれてやる。

ここドイツでは必修なんだが、私は苦手だ。ヒロと鞭でやり合っていても、私は逃げていた。その下手な鞭捌きで、そいつの背に傷を付けてやる。

「マルク様っ」

「煩い、お前は黙ってろっ」

だが、そいつは筋肉が付いており、その筋肉が邪魔だ。

だから脇腹にしたんだ。

 

「マルクさ、ま……」

そいつの意識が飛んでしまうほど、何度も何度も鞭を揮う。するとコツが分かってきた。

そいつの腿に向かって揮う。

「っ……」

初めて、そいつの声を聞いた。

この言葉は、イタリア語。

そうか、こいつはイタリア人か。

ウィルの声がする。

「え、この人ってイタリア人なのか……」

 

ウィル、お前は2週間も一緒で分からなかった筈は無いだろう。お前も同罪だ。誰が、ここから出すもんか。

ビシッ!と、張り詰めた音が聞こえた。

ドサッと音がしたのは、そいつが床に倒れた音だ。

「マルク様、人殺しは止めて下さい」

「ウィル、貴様は誰に物を言ってる」

「マルク様の手は、医者の手です。医者が人殺しなんて」

「煩いっ」

 

ウィルは躱そうと思えば躱せたはずだ。それが躱すことなく、私の鞭を受けた。

じっと見ていたフィルに声を掛けてやる。

「フィル、ウィルを連れて行け」

「どこへ」

「病院に決まってるだろ。その傷を治療してもらうんだ」

「はい、畏まりました。それで、その男は」

「こいつは、このまま放っておく」

「は、はい」

 

2,3日するとウィルは本宅にやってきた。

「マルク様、私の手当てをして頂きありがとうございます」

「私が手当てしたのではない」

「でも、マルク様がフィルに言って下さったお蔭で助かりました。ありがとうございます」

お互い、沈黙してしまった。