男は何歳になっても夢見る少年だよ

頃は、4歳児。

いつも泣かされていた。

「やーい、やーい。この泣き虫、ちび虫」

「女に守られるなんて、男のプライドが許せんけどなー」

「そうそう、弱虫だよなー」

「アーン、アーン……」

 

「アンタ達! 誰が、泣かせてもいいって言った?」

「でたぁー、オニババ」

「オトコオンナだー」

「キャハハハッ!」

 

「あんたも、泣くんじゃないっ!」

双子の姉である香織にもひっぱたかれるだった。

「ふ、ぅ……」

ある日、勇気を振り絞って言ってみた。

「なんで、僕なの? なんでいじめるの? なんで?」

「ケッ!」

「どした、今日は泣かないのな」

「……つく。そこにいるだけでムカつくんだよっ」

『そこにいるだけで、ムカつく』

その一言が、僕に言わせていた。

おしばい、ではなく本当の気持ちだった。いつものハスキーボイスではなく、声が低くなっていた。

「いつもいつもいじめたり、いじわる言ったり……。そこにいるだけでムカつくだなんて。それは、俺のことが気になるからだろ。お前らは、俺のことがそんなに好きなんだ? 好きだからいじめるって言う、ソレか? ええ?」

そいつらは、僕の急変した態度を感じ取りタジタジになっていた。

「ちげーよ。もう帰ろ」

「なに言ってんだコイツ。同じく、帰ろ」

でも、1人は残っていた。

「俺は、あの2人とは違う。そうだよ、俺はあんたの事が気になってるんだよ。それが好きかどうかは、分からない。あんた、はっきりと言えるんだ。見違えたよ、俺も帰るわ。じゃーな、また明日。言いたい時は、そうやってきっぱりと言った方がいいぞ」

と、そいつは言って帰った。

3人とも居なくなって、僕はその場に座り込んでしまった。

そうしたら香織がやってきた。

「どしたの? 泣きもせずに、アイツ等を言い負かせたの? スゴイネー」

双子の天然な姉、香織は嬉しそうな表情で言ってくれた。

それから、僕呼びから俺呼びに変わった。言いたい時は、はっきりと言えるように頑張った。

泣くときもあったけど……。

それからは、あの連中は何も言ってこなくなった。

その代わり、「言いたい時は、そうやってきっぱりと言った方がいいぞ」と言ってきた子とは同じ方角に帰るので並んで帰ることがあった。

そして、あることがきっかけで仲良くなった。

それが、2人一緒に拉致られた時だった。

幼稚園から帰る途中、急に抱きかかえられた。

「うわっ」

「な、なんだっ」

「静かにしろ。おい、どっちだ」

「知らん。2人とも連れていけばいいだろう」

その子の方を見てると思いつくことがあるみたいだ。

「ねえ、もしかして」

「俺たち拉致られたみたいだな。警察呼ばないと」

名前呼びはバレる確率が高いからと言って、お前呼びにしようと決める。

でも、ここは一体どこなのだろう。

目隠しされて、どこかに連れていかれたから分からないや。

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP