11

そして、バーンズの言った通り、翌日には大人隊が30人。

数日後には50人がぶち込まれた。

 

一体、何処から調達するのだろう。

だが、今度は隊員同士で組み合う時は武術のみとなった。

喧嘩の類は一切無しだ。

大人も子どもも関係ない。

強い奴が生き残れる。

 

そして、大人隊のカピターノよりも、ずば抜けて強い4人の戦士が現れた。

その4人には、異名が付けられた。

 

アダム=バーンズ(28歳)は、金のタイガー。

ウォルター(11歳)は、赤の狼。

リン(9歳)は、黒の豹。

グズ(7歳)は、銀の殺人魔ダーク。

 

この4人は、1人で敵を全滅させることが出来る。

それ程の力を持つので、皆から一目置かれていた。

その時から脱退するまでの2年間。

4人は腕に磨きを掛け、隊暮らしをしていた。

 

それから2年後の、決行前夜。

いつもの様に4人は揃って話をする。

簡単にだけど、改めての自己紹介だ。

先に、グズから。

「グス。お父様は日本人で、お母様はイタリア人。ハーフだけど、日本人だよ」

次々と自己紹介する。

「スミス・ウォルター。父親はアメリカでクリニックボスをしている。だから医療には強いよ」

「林秀英(リン・シュウエイ)。父親は、中国では名立たる名士であり、武道家だよ」

「アダム=バーンズ。生まれも育ちもドイツだ」

 

決行するに当たっての注意点を何点か確認した。

 

決行するまでの2年間で、リンは手刀の極意をグズに教えていた。

ウォルターは、

「自分には何も無い。だけど、仲間だ。」

と言ってくれて、グズはこう返した。

「ウォルター。君は、そのコンピュータがある。同じコンピュータ仲間だよ」

そう返すと、ウォルターは優しく抱きしめてくれた。

 

そして、仲間だと言う証に、グズはアレを4等分にして渡した。

「コレは音楽が好きなんだ。それに色々と助けてくれる。だから肌身離さず持ってて」

と言って3人に贈った。

 

そして、時は来た。

0

Follow me!

前の記事

10

次の記事

12