男は何歳になっても夢見る少年だよ

11

翌日、幼稚園に行くと何もなかったような雰囲気だ。

まあ、父ちゃんはお喋りじゃないし、トモのおばさんだってお喋りじゃないからな。

幼稚園の先生にも言ってなかったのだろう。

「はーい、それでは朝のご挨拶しますよ。あ、タケル君、おはようございます」

「おはよーございます」

朝のご挨拶も終わり、プールで泳ぐために水泳パンツに履き替えてるとタケルが寄ってくる。

「なあなあ、コースケ。昨日はどうだったんだ?」

「なにが?」

「お前と、あいつ」

もしかして知ってるのだろうか。

「あいつって?」

「誰かに攫われただろ」

知っているみたいだ。

「それ、誰かに言ったのか?」

「いや、言ってない」

しつこく聞いてくるタケルにうんざりしていると、ユウヒが呼びに来た。

「今日はコースケが先頭だってさ」

「おー! 嬉しい」

先頭とは、11番前に立って皆より先に入ることだ。

嬉しい気分でプールに着くと皆が待っている。

先生が声を掛けてくる。

「コースケ君、今日は何にする?」

その言葉に即答してやる。

「アドベンジャーワールド」

「よーし。それじゃ、皆。今日はアドベンジャーワールドだよ。一緒にプールの中を探検しようねー」

「はーい」

父ちゃんの口癖。

「男は、いつも夢を見て追いかける少年だよ」

いつかは、俺もバイクを乗り回して先陣を切ってみたい。

だから、長生きして。

母ちゃんみたいに早く死なないでね。

アドベンジャーワールドと名付けられた今日のプールが終わり点呼を取る。

「あれ? 足りない?」

その俺の言葉に先生は返してくれる。

「ううん、いるよ」

「でも……」

誰が居ないのだろう。

見まわしていると、居ない子が誰なのか分かった。

「トモは?」

「今日はお休みだよ」

「休み?」

「そうよ。あとスミちゃんとなっちゃんもね」

休みって、頭が痛いとかいうものかな。

まあ、俺は慣れてるとはいえ、初めのうちは痛くて立てれなかったからなあ。トモにとっては初めての経験だったろうよ。

だからタケルは、しつこく聞いてきたのかと納得した。

帰りにトモの家に行くと、こう言ってきた。

「たんこぶが大きくてね。まだ痛いんだ」

「ごめんな。父ちゃんってバカ力だから」

「明日と明後日は休みだし、来週からは行けるよ」

「それなら良かった」

「来てくれてありがと」

「それじゃ、またな」

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP