18

ロシア語で書かれている手記を訳した博人は、茫然としていた。

ふと見ると、桐で作られた箱も一緒に送られてる。

それを開けて見た博人は息を飲んだ。

 

そのアダム=バーンズ専用の家紋が綺麗な状態のまま包装されているのだ。

手書きで書かれた一枚の和紙が挟まれている。

それには、日本語で書かれてある。

恐らく、自分の叔父である、現『御』の字だろう。

 

「いつかは、きっと貴方の孫を、自分の甥っ子を次代の『御』にさせます。

あの子は、貴方の血を引いてる孫の中でも、最有力候補です。

私が死んだら、教えて差し上げます。

私を『御』にしてくれてありがとうございます。」

 

博人は、泣いていた。

「お爺様……」

何も言えなかった。

軽い気持ちで、家系史を紐解こうとしていたのだ。

まさか、こんな事が書かれていただなんて……。

 

「お爺様……。私は、跡を継いでいません。だけど、貴方のアレは私が日本に連れ帰ってました。現在では一つになり、ある人物の中に存在してます。御免なさい。そして、ありがとうございます」

 

他には何も言えなく泣いていた。

呟きがこぼれる。

「そうか、私にロシア語を教えてくれた貴人が、お爺様だったんだな。そして、初代『御』だったのか。知らなかった、御免なさい……」

 

そして、現『御』であり、自分の叔父に毒づいてやる。

「クソ爺め、こんな事を書きやがって。やっぱり、誰にも言うつもりは無かったんだな」

0

Follow me!

前の記事

17

次の記事

19