男は何歳になっても夢見る少年だよ

どこかに連れていかれ、そのまま置き去りにされてしまった。

ここはどこなのだろう。

思いが口に出ていた。

「ねえ」

「どこだろう。何のにおいもしねえ」

目隠しもされているので何も見えないし、どうすればいいのだろう。とりあえず頭を振ると目隠しは解けるかな。そう思い何度も頭を振る。

ゴツンと音がした。

痛みも同時にきた。

「ったーい」

「なにやってんだよ」

「頭振ったら、これ解けるかなと思って」

「お前って、頭が良いのか抜けてるのか……」

「えーん、痛いよぉ……」

「見せてみろと言いたいが、俺も見えないからなあ」

 

そう、おまけに手も縛られているので何かに捉まることもできない。

「大丈夫かあ?」

「ぶじゃない」

 

位置が分かったから動くなよと言うと、すり寄ってきたみたいだ。

お腹で何かをしているのか。

そう思っていたら声が聞こえた。

「解けた」

「え、どうやって?」

「お前の目の前に居るから、そのまま顔を下にして俺のお腹に当てろ」

「う、うん」

 

言われたとおりに顔を下にして、導かれるように顔を近づけると、そのままゆっくりと顔を上げる。

すると解けた。

「凄いね」

 

そう言うと、目の前に居るコースケは頬に何かを当ててくる。

「な、なに」

「可愛いなあと思って」

「いじめないでよ」

「いじめじゃないよ」

「それなら良いけど」

 

手は縛られているが、足は縛られていないので歩こうと思えば歩ける。

だから、立ちあがった。

その先に見えたのはハサミ。あのハサミは、お母ちゃんが使っているのと同じだ。

そう思うと、そっちへ向かう。

「どこ行くんだよ」

「ハサミが見えたんだ」

「ハサミ? 縛られているのに、どうやって使うんだよ」

 

その言葉を聞いて、それもそうかと思いとどまると「口があるか」と聞こえてきた。

噛み千切れるのならば、それにこしたことはない。

でも、これって縄だよね。

やっぱりハサミだよ。

ハサミのある方に近づいていくと、他にもあった。

「ねえ、ハサミとナイフ。どっちがいい?」

「ナイフ」

これは、大きなハサミだ。

使いかた知ってるよと思い、ハサミを握りコースケの縄にハサミを当てる。

何かを察したのか、こう言ってくる。

「いいけど、俺の手を切るなよ」

「任せて」

 

何かを思いついたのか、コースケはこう言ってくる。

「やっぱり、お前のを先にする」

「大丈夫だって」

「時間掛かると見つかるだろ」

「そういえば……」

 

コースケにハサミを渡すと僕の縄を切ってくれたので、今度は自由になった両手を使い、コースケの縄を切っていく。

「さて、帰るか」

「うん」

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP