4人の幼き戦士

※ウォルター視点※

数人の仲良し友達と、家の近くで遊んでいた。

なのに、気が付くと違う場所に居た。

辺りには仲良しグループが皆居たので、まだ安心出来ていた。

そう、同じチャーチに通っている子達だ。

 

ここは、一体どこなんだろう。

そう思ってると、誰かが近付いてくる気配がする。

大人だ。

何かを話し掛けてくるが、何処の国の言葉なのか分からない。

分かったのは、その内の1人がフランス語で言ってきたからだ。

 

要約すると、こうだ。

ここはイタリアで、俺達は子ども隊の隊員として働く。

そして、勉学だけでなくスポーツ全般にIT関連も含め、銃器も扱う。エキスパートな殺人者になれ。

弱者は消される。

 

それを聞き、驚きのあまり何も言えなかった。

その様子を肯定と捉えたのか、すぐに訓練が始まった。

英米仏語はもちろんの事、ドイツ語にイタリア語、中国語もだ。

どちらかと言うと、椅子に座って頭を使う方を好むのだが、ここではそうは言っておれない。

なにしろ武術や銃器も扱えないと、すぐに消されるからだ。

 

6歳でぶち込まれてから半年後、中国人の大人と少年がぶち込まれてきた。

5人の少年達は強く、身軽だ。

その内の1人は、キリッとした顔つきをしている。

それがリンだった。

 

リンは、元々体育系の人間で、武術全般を得意とする。

黒髪黒目のリンは体格が良いので、ウォルターは自分より年上かなと思っていた。

ある日、ウォルターはリンに聞いてみた。

「ねえ、君は何歳なの? 運動神経良いね」

「赤髪君の名前は?」

「ウォルターだよ」

「赤髪のウォルターね。私は林(リン)だ」

「へー、エキゾチックな名前だね」

 

林は驚いた顔をして言ってくる。

「そんな風に言われたのは初めてだ……」

「俺は7歳だよ。リン、君は?」

「私は5歳。中国では有名な武術家の血を引いてるんだ」

「へえ、将来は武術の先生か」

「うん。太極拳を主にして、八卦掌とか少林寺に合気道。日本の柔道とかもね」

「俺は運動は苦手だけど、でも、まだ生きてるからな」

「頭を使って策を練るブレーンは必要だよ」

「そう言ってくれると嬉しいな」

 

リンが入隊して半年後。

リンを含めた中国5人の少年と大人隊と合わせ10人で、ある任務に赴いた。

戻ってきたのは、大人が2人とリンの3人だけだった。

 

リンは、詳しくは教えてくれなかった。

ただ一言だけだった。

「私と一緒に居た4人は、私の父上から師事されていた。子ども達の中では強かった連中だ」

「リン……」

 

リンの目には涙が溢れ流れているが、それを拭おうとはしない。

「私は、彼等の死を父上に……、彼等の家族に伝える。そのには、ここで大人隊よりも強く、賢く立ち回ってやる。だから、まだ死なない。生きて中国に帰る。」

 

ウォルターは、リンの口調と表情から強い意志を感じ取った。

そのリンは言ってくる。

「ねえ、ウォルター。君は、その頭脳を駆使して策略名人になって。年齢なんて関係ない」

「それなら得意のコンピューターで情報関連の右に出る者は居ない、と言われるまでのし上がってやる」

 

そこに声が掛かる。

子ども隊カピターノのアーノルドだ。

「その決意を固めるのは良いが、隊では秩序を乱すな」

「分かってるよ、カピターノ」

「リン、君は?」

「勿論、分かってる。一番のルールは、隊での位置だろ。その内、あんたをカピターノから役無しに蹴落としてやるっ」

 

カピターノのアーノルドは微笑んで応えた。

「その意気込みは買ってやる。精々、精進しろよ」