4人の幼き戦士

※林視点※

家の道場で組んでいた。

それが、何時の間にか薄暗い所に居た。

側には、同じ様に組んでいた子ども達も同様に周りを見回している。

ここは何処だろう。

暗くて冷たい。

 

ある日、赤髪の少年が視界に入ってくる。

その子は、ウォルター、7歳だと名乗ってくれたので、自己紹介をする。

林(リン)、5歳だと。

 

そして、ここはイタリアで子ども隊として働くという事を教えて貰った。

どうして他国の子どもを入れるのだろうと思っていたら、ウォルターは呟く様に言う。

「俺達の様な他国の人間は死んでも補充出来るもんな」

その言葉で分かった。

思わず、林は呟いていた。

「ああ、捨て駒ね。自分とこの子どもを一人でも減らしたくないからか」

 

隊での暮らしは、まあまあという感じか。

一日3食がきっちりと出てくるし、勉学に武術等のスポーツ全般、IT関連や銃器等の扱い。

林にとっては、武術やスポーツは得意中の得意だ。

だが、銃器は非常に抵抗がある。

武道家の嫡男という事もあり、素手で相手をやっつけるのは良いが、道具を持ってやっつける事は苦手なのだ。

 

子ども隊のカピターノであるアーノルドに声を掛けられる。

「相手が道具を持って殺しに来るんだ。そういう時は道具で対抗するものだ」

そう言われるたびに、林も繰り返す。

「私は武道家の人間だ。道具に頼るよりも自分の手でヤル」

「それだと、お前は直ぐに殺される」

 

半年後。

リンを含めた中国人の子ども5人と、大人隊5人の計10人で任務に赴いた。

他の4人の子ども達も素手でやり合っていたが、これだと自分が殺されると気が付いた。

その4人は、自分達の師匠の子どもを守る事に団結した。

リンは、慌てて声を掛ける。

「なっ……! おい、その構えはっ」

その4人は、3つの禁術である1つの構えを取っている。

「秀英、生きろっ!」

「俺達は、師を師として仰いでる」

「破門されるより、こっちの方が良い」

「我が中国に、林先生に栄あれっ」

 

「や、やめっ……」

 

禁術の構えをとった4人は、敵対の中央へ突っ込んでいく。

その禁術は、代々林家に伝われている術だ。

3つの内の二つは、まだ良い。

だが、残る一つは……。

 

そう思ってると4人は揃いも揃って一番危険な術の構えを取るだなんて。

林は、叫んでいた。

「や、止めろー! それは、それだけは止めろっ!」

叫ばずにはおられなかった。

「英っ! 楊っ! 鵜っ! 湘栄っ!」

 

未だ、誰も完成されてない術を、4人は完成させた。

なぜ完成されてないのか、それは直ぐに分かる。

それは相手を全滅させ、自分達も死ぬことに繋がるからだ。

 

リンの声は届かない。

いや、既に届く事は無かった。

 

その、誰も完成されてない術である禁術は、術者の死を以て完成する術なのだ。

その事を知ってるのは、彼等の師匠である林秀英の父と、その息子の林秀英だけだ。

「止めろ、って、言ったのに……」

 

相手を全滅させた4人の事は忘れない。

絶対に家に帰って、お前達の事を話す。

子ども隊4人と大人隊3人が死に、リンは大人隊2人と共にイタリアへ戻った。

 

黒髪チームが自分一人だけになった為、リンはウォルターとパティを組むことになった。

 

その半年後。

ウォルター8歳、林7歳。

金髪の大人と子どもの集団が、ぶち込まれた。

子どもの集団の中に、彼が居た。