男は何歳になっても夢見る少年だよ

一方、こちらはコースケ。

逃げまくっていると、途中でビッグと会ったので背中に乗せてもらい逃げ回っていた。

「このクソガキ。犬は人間を背に乗せて走り回るものじゃない」

「お前らが俺たちを拉致るからだろ」

 

「捕まえろー。本物はこっちだ」

「あっちは無視して構わん。こっちに集中しろっ」

いや、お前らが”あっち”と言ってる奴は2人をノシて逃げているのだけど。

まあ、いいや。

「ビッグ。思い切り走り回れっ」

「犬は馬みたいにはいかんっ」

「そぉ~れっ」

 

ビッグは嬉しそうに走り回っている。

人間と違って軽々と走り階段近くまで来たら、ビッグは吹き飛んだ。

「え、どうして?」

「ほーら、お坊ちゃん分かっただろ。しょせん犬は犬なんだよ」

「分かったのなら、一緒に来てもらおうか」

 

連中の後ろをトモが何かをやっているのが見える。

こいつらの注意は俺にしか向いてないので、トモのやることは眼中にないってことか。

トモは何をやっているんだろう。

少し見ていると分かった。

あの横繩か。

じゃ、俺がこいつらを先導すれば良いのか。

 

「へ、誰がおとなしくつかまるもんか」

お尻ぺんぺんと叩いて見せると、その男たちは走り寄ってくる。

とっとと奥に向かって走り抜けてやる。

だけど、爪楊枝を立てていたのを忘れていた。

「ってぇなあ」

「なんだよ、これ」

「まさか、さっきのと?」

 

お、1人が射程圏内に入ってきた。

すると、3人とも入ったのでトモと一緒に引っ張ってやる。

「いっ」

「この、え……」

「う、うわぁー」

 

ドドーンと重たい物が倒れた音がする。

3人に向かって倒れたのは獅子だった。

「お前って……」

「1人だと難しいから、あの置物は重そうだったから手伝ってもらったの」

すると、2人の男が目に飛び込んできた。

「このガキがぁ……」

「2匹とも捕まえてやる」

 

トモに聞いていた。

「お前、こいつらに何やったんだ?」

「んー……、大事な所を噛んだだけだよ」

「大事な所って、どこ」

 

だけど、ほどなくして分かった。

「ああ、2人のチンかあ」

だけど、1人は違ったみたいだ。

「さまぁ、俺の髪にジュースをつけやがって。ぶん殴ってやるっ」

 

その言葉で、分かった。

「あー、なるほど。そういう手があったか!」

「もう、使わさん」

 

その人は般若みたいな顔になった。

「逃げろー」

俺とトモは獅子に乗っかかられた3人を踏みながら階段へと走って行った。