男は何歳になっても夢見る少年だよ

しかし、ここから歩いて帰るには遠い。

だけど仕方ない。

それに1人ではない、トモがいるからな。

そんでもってポケットには食べ物と飲物が入っている。

30分ぐらい歩いただろうかトモが音を上げた。

「ねえ、疲れたよ。休憩しようよ」

「体力ねえ奴め。まあ、お腹すいたから食べるか」

何時なのか分からないが、おやつタイムかな。

温くなったオレンジジュースとパンでおやつにする。

トモはバナナジュースも飲んでいる。

トモの声が聞こえてくる。

「ふわぁ、なんだか眠くなってきた」

「寝るなよ。帰れなくなるぞ」

「それは嫌だ」

マジに寝そうだったから言ってやると、すぐ目を大きく開けてくるが、また瞑ってしまった。

ってか、ここはどこだ。

方角としては合ってると思うのだけどな。

駅を目指して歩いていたのだけど、お金がないからなあ。

電話したくてもできないし。

ハンカチがあったので、トイレに行って濡らして戻ってきた。

 

「トーモー、起きるのだよ」

顔を拭いてやると、トモは気持ちよさそうに目を開けてくる。

俺も顔を拭くとスッキリしてきた。

「あ、おまわりさん」

「そうか。頭いい」

今度は、おまわりさんを探しに歩く。

駅に向かって歩いていると、おまわりさんを見つけた。

トモが走りだす。

「あの、おうちに帰りたいのですが」

「あ?」

いや、それだけだと無理なので俺もおまわりさんに声を掛ける。

「田園調布って、どっちですか?」

「はぁ?」

「2人して迷子になっちゃって」

「どうやって来たの?」

「車に乗って」

「その車に乗れば」

「途中で降りたから分からなくなって」

 

そのおまわりさんは優しく教えてくれた。

ここは南麻布で、田園調布にはと行き方を教えてくれたが、分からない。

電話番号が書かれた紙を渡して電話したいと言うと、電話を貸してくれた。

電話をすると、相手は怒り奮闘だ。

『で、どこにいるって?』

「南麻布駅の、おまわりさんとこです」

『まさかとは思うが、あのクソ爺の』

「ところに連れて行かれたけれど、自力でここまで戻ってきた」

しばらくするとため息とともに、この言葉が返ってきた。

『分かった。待ってろ』

トモに、俺の父親が迎えに来るからと言ったら安心顔になった。