甥っ子コンプレックス

マドリーヌが姿を消して3年後、その頃は、僕呼びを止めて私呼びにしていた。

そのマドリーヌから便りが届いた。

それには、こう書かれてあった。

『子どもは男の子で、名前はヒロト。フルネームは、ヒロト=ヴィオリーネ・フォン・パトリッシュ=フクヤマ。
日本人で、福山博人と呼ぶの。国に囚われることなく、優しく穏やかな人間になる様にと、名付けたの。

マルク。

ヒロを連れて行くから、仲良くしてあげてね』

 

何を勝手な事を書いてるんだ。

私は知らないからな。

 

便りが着て数日後、マドリーヌはヒロトを連れて帰国してきた。

執事の姿が見当たらなく、自分で玄関の戸を開けに行ったのだ。

そこには、見違えるような美女になったマドリーヌが立っていた。その隣には、憎たらしいほどマドリーヌそっくりの子どもがいる。

違う点は、マドリーヌは女性なのに、ヒロトは男性という点だ。

もう1人、大人の男性が流暢なドイツ語で声を掛けてきた。

「初めまして、フォン・パトリッシュ・ジュニア。私はシュウト・フクヤマ。日本人でドクターをしています。ご両親は、いらっしゃいますか?」

 

せめてもの思いで言ってやる。

「初めまして、ドクター。ここには病人は居ません。お間違いではないでしょうか?」

「なるほど、あの方が仰られてた通りですね」

「何を言ってるのか」

マドリーヌが遮ってくる。

「マルク。あなたは、ここの主で無いから追い出そうとしても無駄よ」

その言葉に腹が立った。

「マド」

そのマドリーヌは至上の笑みを連れてきた2人に向けて、屋敷内に入れた。

「こっちに居る筈よ。電話しておいたのだから。シュート、ヒロ、こちらにいらっしゃい」

その勝手な振る舞いにも、益々腹が立った。

 

マドリーヌはリビングのドアの前に立ち、ノックして開けた。

「お父様、お母様。ただいま戻ってきました」

「お帰りなさい」

 

すると、お母様の声が明るくなった。

「まあっ! なんて可愛い男の子なんでしょ」

「っとに、マリアは……」

「だって、写真より可愛くて」

 

コホンと咳払いをして、ここの主人であるお父様は立ち上がった。

「いらっしゃい。シュート、よく来たね」

「お会いできて嬉しいです。お元気そうで良かったです」

 

すると、ヒロトの前にしゃがみこんだ。

「こんにちは。私はマドリーヌの父、君のお爺さんだよ」

今度はお母様だ。

「私は、あなたのお婆さんよ。マリアって呼んでね。貴方は?」

 

ヒロトの声はハスキーボイスだった。

「初めまして、ヒロトです」

そのヒロトにお母様とお父様は声を掛けている。

「ヒロトと言う名前なのね。とてもいい名前ね」

「ドイツ語が上手だね」

「ありがとうございます……」

 

お母様の嬉しそうな声が聞こえてくる。

「かーわいー」

「マリア、やめなさい。ヒロトが怯えてるよ」

その言葉にマドリーヌは口を挟んでいる。

「私達の子どもなんだから可愛いのは当たり前よ。ね、シュート?」

「ははは……、そうだね」

この2人は、この得体のしれない大人と子供を知ってるのか。私には何も知らせず、教えてもくれなかったのは何故だ。その得体のしれない大人は数日程滞在していたが、子どもを残して帰って行った。