甥っ子コンプレックス

15

それよりもサリーの事だ。

「サリーの事だが」

「ありがとうございます。あいつ等は、あの子を攫って来るように言われたようです」

「ヘル、それは」

「あの子には、”母親は病気で亡くなった”と伝えて下さい」

「だが」

「最近、ガンが見つかったのです」

「え?」

「苦しみ死んでいくのを見るよりは、まだ良い」

 

ヘルは泣き顔に、泣き声になった。

「あの子には言ってないんです。言えば、あの子の将来を潰してしまう。ここに縛り付ける事は出来ません。あの子もそうだが、サリーもイギリス人なんです。同じ死ぬのならイギリスで死なせてやりたい」

何も言えずに黙っていた。

「ああ、そうだ。マルク様、あの子には、こうお伝えください。”母親は、サリーはイギリスで事故に遭い死んだ”と。その方が良い。お願いします」

「ヘルが、それで良いなら」

「はい、お願いします」

何となくだが、ヘルの気持ちが分かる。

だけど、他の問題がある。

「ところで、この6人はどうすれば良い?」

「んー……、区域に放りますか?」

「良いのか?」

「骨も残らず食べられる事でしょう」

「区域でも、自然区域の方か。とんでもない言葉を守り役が言うものだな」

「こいつ等に罪はないが、せめてもの気持ちです」

 

ヘルは強い口調で言ってくる。

「終わりましたら、ご報告に行きます。お戻りくださいませ」

 

ヘルはサリーの身体を触っている。

どんなにサリーに抱き付き、また触りたいのか、それが分かった。そうか、泣きたいのかと思いあたり、「報告待ってるよ」と言って、自分の邸に帰った。

その6人は後ろ手に縛られ猿ぐつわを噛まされた状態で、自然区域に立たされている。

直ぐに気が付いたのだろう、獣は臭いを嗅いで近寄ってくる。

その内の1人が走る。

だが、獣の方が早い。

走っている足がもつれ転げる。

その瞬間、痛みがきたのだろう。

だが声を発する事も無かった。

目を大きく見開き、顔は恐怖に引き攣っていた。

残り5人も走ったが、獣に後ろから横からと噛み付かれた。

 

私の愛する妻を犯しただけでなく、死なせてしまった。

その償いは、死しかない。

東の守り役のフォン・パトリッシュ。

私は絶対に許さないからな。