甥っ子コンプレックス

21

誰にも知らせてない事があった。

マルクとシェリーが結婚した事を知ってるのはお互いの肉親だけだった。

「ふふ、マルクと結婚だなんて夢みたい」

「夢じゃないよ」

「私を”お姉様”と呼ばないでよ」

「シェリーは、お姉様とは似てないよ」

「なら、良し」

ハネムーンなんてものは無くていい。

そう言ったのはシェリーだ。

なにしろ足が動かない。だから、イギリスに4日間だけど2人っきりで過ごした。元々、私たちは2人ともイギリス人だからパスポートなんて要らない。

イギリスで生まれたシェリーは、私に食事を作ってくれていた。

しかし、一番の難関は入浴だ。

使用人なんて連れて来てないので、私が入れてやるつもりでいた。

「シェリー、風呂はどうする?」

「入るよ」

言葉が重なった。

「一緒に入ろうか」

「一緒に入らないからね」

「あははっ、エッチなんだから」

「一緒に入らなくて、誰が面倒みるんだ」

「変な事をしないでよ」

「大丈夫だよ。怪我人に意地悪しないから」

「先に入るね」

「だから、一緒に入るんだろ」

 

ブツブツと文句を言っていたが、シェリーの服を脱がせ風呂場に入れてやる。

その後、自分も手早く脱ぎ中に入る。

「シェリー」

「ちょ、っと…」

「綺麗だ」

「え、何が…」

シェリーは手で身体を隠しそうとしているが、そういう恰好はそそられるものがある。

だけど、我慢した。

風呂から出てからだ。

風呂から出るとバスローブを羽織らせ、そのままリビングの椅子に座らせる。

飲物を持ってくるとシェリーは笑っている。

「何が可笑しいんだ?」

「だって、マルクが誰かの為に飲み物を持ってくるだなんて」

「シェリーじゃなければしないよ」

「いつも傅かれてる王子様は、私には弱いってか」

その言葉に対して何も言えなかった。

「図星かあ」

 

笑いながら言ってくるシェリーに苦笑しか返すことが出来なかった。

違うよ、シェリー。正しくは、こうだよ。

”君が、マドリーヌ姉様と似ている顔をしているから弱いんだよ。”

でも言わない。

言ったら、いつまでもネタにされるだろうなと分かってるから。

ハネムーンも終わり屋敷に戻ってきた2年後、シェリーは男児を産んだ。

その子はドイツで生まれ、ニールと名付けられた。

ヒロとアンソニーとエドがニールをベビーベッドの上から覗き込んでいる。

「可愛いねえ」

「ぷよぷよだ」

「マルクも、お父さんだな」

アンソニーは私の直ぐ上の姉ナンシーが産み、帝王学を学ばせるために連れ帰ってきている。

エドは私の従弟で、今はツアーが休みなのでドイツに戻って来ている。

リョーイチは日本に、キョージはリョーイチを慕って日本に行った。

煩いのが居なくなって清々していた。