甥っ子コンプレックス

30

側付20人に働いて貰い、穴という穴を見つけてガスを注入していく。注入が終わるとオイルを撒き散らし最後に火を付ける。広大な区域は三昼夜掛かって燃え尽きた。地面は無くなり、獣の燃えた残骸があった。

最後の火が燻り消えると、南の守りの3兄弟は口を開いた。

「お疲れ様」

「これで、やっと安心して寝れるな」

「脅かされる事も無い」

その3人に聞いてみた。

「ここをどうしたら良いと思う?」

「んー、そうだなあ。セメントを流して公園にするとか」

 

その時、ヘル・グスタフォーの声が飛び込んできた。

「マルク様、ヘリポートにされてはいかがでしょう?」

「ヘリポート?」

「はい。世界に散り散りになっている者たちが来易い様にです。空港ではなく、ここにヘリやジェットを置いて貰うのです」

「そうだなあ、それには管制塔が必要だな」と、リューゾーの声が聞こえてくる。

「技師も必要ですね」と、ワダの声が応じていた。

 

するとエドが口を挟んできた。

「楽器を演奏出来たら良いな」

その言葉に答えたのはヒロだった。

「そうだね、一緒に演奏したいよね」

 

何やら2人で音楽の話をしだした。

「エドー。一緒に演奏しようよ」

「おお♪ それじゃ、私のバスとデュエットしようか」

「うん。エドのバスって、凄く安心できるよね。まるで、大地みたいだ」

「そうか?」

「うん。大地が無いと人間って歩けないでしょ」

「ありがとう。それじゃ、ヒロのバイオリンは人間ではなくて、空だな」

 

その言葉に対してヒロは嬉しそうに返していた。

「それなら、他の楽器が人間であり、動物だね」

「そうだな」

「エド…

「なに?」

「いつになるか分からないけど、その時は一緒に演ろうよ。他の楽器と一緒に」

「そうだな。その日が楽しみだな」

 

そんな2人に言ってやる。

「音楽だけで生きてけるものか。お前等は、お気楽でいいよな。能天気野郎」

そして、ヒロが日本に帰国するまでに公園とヘリポートと音楽ホールが完成した。

余りにも広すぎるので、エドを始め、甥っ子であるリョーイチ、キョージ、ヒロ、アンソニーの屋敷も建築した。

「ヒロ。一番最初の演奏者としてバイオリンを聴かせてくれないか?」

「良いの?」

「ああ、お前のが聴きたいんだ」

「嬉しい。最高に嬉しいよ。ありがとう、マルク」

 

ヒロのリサイタル。

完成したばかりの音楽ホールで演奏してもらい、聴衆は私だけだ。

とても贅沢で、最高に気持ち良かった。

「マルク、ありがとう」

「私の方こそ、ありかとう。とても幸せな時間を過ごさせて貰った。素晴らしい演奏を聴かせてくれてありがとう」

素直に言うと、ヒロは照れていた。

「嬉しい。なんか照れるな……」

 

可愛いと思い、抱きしめていた。

お姉様やシェリーとは違う。

ましてや息子ニールとは違う意味で、大切な者。

「ヒロ……」

「なあに?」

「日本に帰っても元気でな」

「うん。マルクも元気でね」

その後、ヒロは大学の長期休暇を利用して1年に1回、ドイツに遊びに来てくれるようになった。そして、大学を卒業後は東京でドクターをした後、ドイツで5年間の契約を結んだ。