甥っ子コンプレックス

35

そんな幸せそうなヒロを見てると何かムカつく。

そう思うと、目を細めて問いただした。

「ヒロト。その人は、ヒロトの事を知ってるの?教えたの?」

「え……。私の事?」

「この家だよ。その女性は、もしかしたら財産狙いかもしれないんだよ? 教えて、何処の誰? この家に相応しいのかどうかを調べてやる」

 

ヒロは、きっぱりと即答してきた。

「嫌だ。私は、自分の意思で好きになったんだ。両想いになるまで色々とあったんだよ。 それに財産狙いではない。なんで、そういう事を言うんだっ」

「ヒロッ!」

「それに、マルク。間違ってるぞ」

「何がだ?」

「私の恋人は女性ではなく、男性だっ!」

「はあっ?」

 

聞き慣れない言葉を聞いた私は目を大きく見開いていた。

あまりにもショックが大きすぎた。

ヒロトの口から衝撃な言葉を聞いて、驚きのあまり暫らくの間は口がきけないでいた。

「ヒロ……。お、お前、お前まで、キョージと同じに……」

「マルク。私はね、本当に色々とあったんだよ。もう、あんな思いはしたくない。 あんなにも、誰かを助けたい、守りたい、と思ったのは初めての事だったんだ。自分は無力だ、と本気で思ったものだ。祈る事しか出来なかった…。 だから、私はエントリーから外して貰いたい。そういう事も言おうと思って来たんだ」

 

頭が回らない。

だけど、その”エントリー”と言う言葉に反応していた。

「ヒロ……。あの方は、お会いにはなられない。でも、そのエントリーの事は伝えておいてやる」

「自分で言いたいんだ」

「分かった。それよりも、付き合って欲しいな」

「北欧以外なら」

その言葉に苦笑していた。

「ランチを付き合って欲しいんだけどな」

「ああ、それなら喜んで」

ヒロトは日本では辛い事などもあったのか。

だから、この数年で、こんな風に変わったのか。あの冷淡で何事にも動じなかった奴が、好きな奴が出来て、自分は無力だとまでも思えてしまうほどに……。

 

だが、これが女性なら寝取ってやろうかとも思ったのだが、男性とはね。

だが、これで確実に1人は減った。

親族内での殺し合いは避けたかったのだが、ヒロトは生かしといてやるよ。

オペ・ドクとしての腕は良いからな。

それに、直系の孫の中では、私に一番懐いてくれている。

私の最も大好きな、親愛なる大事な長姉様の血を色濃く継いだヒロト。

ヒロトを女装させると、お姉様に似るだろうな。

マドリーヌ姉様。

貴方は、転生されたのだろうか。

願わくば、来世では夫婦として一緒に居たい。

 

貴方の子供はゲイになった。

もう、私の敵ではない。

私はヒロの恋愛を応援するよ。

口は出さない、文句も言わない。

ヒロが、それで良いのなら私は何も言わないし、何もしない。

今まで通りに接するだけだ。

他2人はゲイだし、残るはリョーイチ。

だが、リョーイチは『御』の椅子を欲している。

あいつは、日本の大学でボスをしていれば良いんだ。

縛り付けてやるよ。

これで、『御』の椅子は私のモノだ。

 

そして……、後は、あの老いぼれだけだ。