風に乗って、微かに聞こえてくる。

2人の声が。

1人は気配がするが、もう一人は気配がない、声だけだ。

 

3人は一斉に目を開けた。

昔は、『御』の為に殺っていた。

だが、今回は違う。

ジョンは、レイの家を守る為に。

ウィルは、レイとジョンを守る為に。

フィルは、ジョンとウィルを、そしてシンガポールの病院で室長をしていたミスターの家を守る為に。

 

かつての仲間を、敵とみなして動く。

 

ジョンには、この2人が、なぜそういうポジションなのかは分かって無かった。

当然ながら、今でも分かって無い。

なぜなら、それがジョンの立ち位置であり、『泣き虫』という所以だからだ。

 

だが、敵もさる者。

なにしろ、同じ側付として『御』に仕えていたのだから、それもそうだろう。

何かを感じ取るはずだ。

気配は迷う事無く、まっすぐに玄関へと移動している。

微かな衣擦れの音も、同じ様に移動している。

 

その後姿に、ウィルは声を掛けた。

「ハイ、ミハエル。久しぶり」

ミハエルは振り向くことも無く応じてくる。

「誰だ?」

「私だよ、忘れた?」

「どこかで会ったかな?」

「もちろん」

 

玄関先から声が掛かってくる。

「マイケル? どうかしたのか」

「何でもない。今行く」

「へー、マイケルって言うんだ。ミハエルでは無くなったんだね」

 

ミハエルは、ウィルを無視して玄関に向かうので、次は私の番だ。

「ハイ、ミハエル。元気?」

ため息をついて、今度はこっちを向いてきた。

「今度は……」

いきなり大声をだしてくる。

「あっ、マーク、居たぞ!」

「おや、私を探してたのかな?」

「ああ、そうだよ。あんたの体が忘れられなくてな。なあ、仲間に入らないか?」

「どんな仲間?」

「ふふっ。快感が味わえる仲間さ」

「どんな快感?」

「一言では言い表せないな。この世の至福……、嫌な事は忘れられる」

「好きな人とエッチ出来る?」

「ああ、もちろん。好きな奴も仲間にすれば良いさ」

「気に入らない奴は?」

「消しちまえば良い」

「ふーん……、こうやって?」

 

短剣を忍ばせていた左手を、ミハエルの腹に突き出す。

手応えはあった。

「あれ、もしかして突き刺さった? ごめんね、救急箱持ってくる」

「要らない」

「え、でも……」

「あんたがキスをしてくれれば、それで治る」

「はあ? 何言ってるんだよ。きちんと手当をしないと」

「大丈夫だ。あんたの唾液が治してくれる」

腕を掴まれ抱きかかえようとしてくるミハエルに、ウィルは手刀を決めていた。

「ぐっ……」

「私の大事な人に手を出さないでくれる?」

「はっ。遅いぜ、既に抱いたからな。良い身体をしてたよ。1回だけでは足らずに、2回してやった。なあ、名前教えて?」

そう言われ、こう応えていた。

「ミハエル。私達は昔、出会ってたんだよ」

「何のことか分からないな」

 

その時、玄関の扉が開き、フィルが入って来た。

「さっきの奴は、庭でネンネさせてやった」

 

その声と言葉に、ミハエルは玄関の方に振り向いた。

0

Follow me!

前の記事

次の記事