一緒にくっ付いてきたアールの銀髪を黒く染めるかどうかと悩んだが、太らせることにした。

なにしろ探し人リストに入ってるからだった。

ドイツの病院で細長の強面顔を横に膨らませ、鋭さを感じさせていた目付きを二重にすると別人になったので、シンガポールに向かう。

シンガポールで1年も経つと、その顔がもっと丸みを帯び、体型も筋肉の代わりに贅肉が付き腹割れが薄くなってきた。これならぷっくり顔とぷっくり腹で、十分に別人に見える。

 

そんな時、シンガポールにある多国籍病院の室長をしているレイと会った。

仕事先のボスがレイを会社に招いたらしい。

「初めまして。 スチュワード=レイ・コウです。レイと呼んでくれると嬉しいな」

「お会いできて嬉しいです。ウィルです」

「アールです」

 

レイはボスに向かって聞いてる。

「ミスター、この2人はどんなだ?」

「2人とも何でもこなすぞ。アールはそそっかしい所もあるけど、お茶目な奴だよ」

「へえ……。ねえ2人は、ここに来る前は何をやってたの?」

 

先に応じてやる。

「探偵です」

「これは、また……」

 

ボスの声が割ってくる。

「ウィルは調べものをさせると詳しく調べる。重宝してるんだ」

「ボス、そう言って頂けると嬉しいです。ありがとうございます」

 

今度はアールに聞いてる。

「アール、君は?」

 

黙ったまま、何も言わないアールは私の方を見てくる。

もしかして助け船を必要としてるのか。

仕方ないと思い、推測しただけの言葉を出してやる。

「こう見えて、スポーツのコーチをしていたんです」

「どうして君が言うの?」

「アールは何も言わないから」

 

確かにそうだね、と苦笑して呟いてるが諦めてないみたいだ。

「アール、君は何が得意なの?」

 

アールの声を聞きたいのかと思い、アールを小突いてやる。

「自分で言えよ」

 

溜息と共に口から出た言葉は、とんでもない言葉だった。

0

Follow me!

前の記事