いつの間にか、フィルは長剣を、ウィルは短剣を手にしていた。

フィルの長剣は血が付き、ウィルの短剣にはどこかの肉がぶら下がっている。

一体、この一瞬で何が起きたのだろう。

それに、さっきミハエルが言ってた言葉が気に掛かる。

「……フィルとデイモスに次ぐ、力の持ち主のウィル」とは、どういう意味なのか?

 

「死んではない。致命傷ぎりぎりか……。まあ2人とも腕は鈍って無いという証拠だな」

いきなり声が聞こえ、思わず振り向いてしまった。

そこには王子が居た。

思わず、私は呟いていた。

王子……、何時から。

 

先にフィルの声がした。

「当然だ。誰が即死させるもんかっ」

次にウィルの声だ。

「片耳が無くても、人間は生きられる」

私は、こう言っていた。

「こいつが死んだら、ここを掃除して片付ける奴がいないからな」

 

ウィルが、私の頭を優しく叩きながら抱きしめてくれる。

「……昔とは違って、泣かなくなったな」

その言葉に、フィルが応じている。

「泣きそうな顔してるけどな」

私は、これしか言えなかった。

「人間、少しは成長するもんだよ……」

ウィルは、私を壊れ物を扱う様に丁寧に優しく抱きしめてくれる。

「そうだね。でもね、ジョン。そうやって泣くことが出来るのは良い事だよ。……ドイツでは、辛い事だらけだった。でもね、フィルと私には……。ジョン、君が居た。だから私達2人は人間である事を望んだんだ。私は卒業し、フィルはシンガポールへと。それにね、泣きたい時は泣けばいいんだよ」

「ありがとう」

と言って、私はウィルの背に腕を回し抱き付いた。

ウィルは黙って私の背を優しく叩いてくれ、フィルは私の頭を撫でてくれる。

その2人の優しさや想いが少し分かった気がした。

そう言えば、この2人にはずっと抱かれていて安心感を貰っていたのを思い出した。

なぜフィルに思いを寄せていたのかも。

 

いつまでもウィルに抱かれては駄目だ。それに、レイとの約束を思い出した。

そのウィルの腕から抜けながら、フィルに声を掛ける。

「フィルもありがとうね。私はね、ウィルよりもフィルの方が心配だったんだよ」

「何が?」

「コンピュータばっかりで、ジャンプも剣も銃もカンや腕が鈍ってるだろうな、と思ってたんだ」

それを聞き、ウィルと王子は笑ってるが、フィルは怒ってるみたいだ。

「お前ねー、誰に向かって言ってるんだっ!」

「フィルにだよっ」

とアッカンベーをして、外に駈け出した。その後を、フィルの声が追いかけてくる。

「待て、このやろっ」

 

フィルに追いかけられ、追いかけっこが始まった。

そのうち、ウィルも追いついてくるとフィルに言ってるみたいだ。

「あのね、実は私もそれが気になってたんだ」

「ウィル、お前までも言うかっ」

「こっちにおいで。ベロベロベェー」

ウィルは、私と違う方向に走って飛んでいく。

 

「フィル。私はこっちだよー」

私と同様に、ウィルもフィルに声を掛けてる。

「ほらほら、こっちにおいでっ」

 

「お前等、2人とも取っちめてやるっ!」

 

そんな3人を見ながら、王子は溜息ついて呟いてる。

「相変わらずの仲の良さだな。で、こいつをどうしてやろう……」

0

Follow me!

前の記事

次の記事