※アダム=バーンズの視点※

サラサラとした金髪に、澄んだ青色の瞳。

背は低いが体格は良い。

何処から見ても、お坊ちゃまという感じだ。

戦いだなんて出来っこない、そんな風体だ。

 

アダム=バーンズは子ども達の寄せ集めを見て、ここがどんな所で何をするのか理解した。そして、大人隊の話も聞いて、総体的に理解する。

彼等は知らなかったのだ。

このアダム=バーンズの正体を。

ましてや、知ろうともしなかった。

アダム=バーンズを国王の前に差し出せば、まだ良かっただろう。だが、それをせずに子ども隊の方に振り分け入れたのだ。

 

この時、アダム=バーンズは25歳を目前に控えていた。

年齢的には大人隊だが、背が低かった為、ティーンエイジャーに見えたのだ。

隊での暮らしは、まるで日陰の様だった。

今迄の暮らしが、帝王学だ、武術だ、言語に政治などの文武を師事されてきて、まるで日なたの暮らしをしていたせいか、この隊暮らしは辛いものだった。

特に、銃器だ。

銃は狩猟の時しか使わなかった。

これ以外の事なら、そつなく熟してカピターノの位置になれるほどの人物だった。

 

その半年後、初任務を与えられた。

赤髪ウォルターと黒髪リンも一緒だった。

他のメンバーは、子ども隊が4人と大人隊が3人の、計10人だ。

何もせずに最初は相手を見ていた。

どんなにしても勝つ事は無い、負け戦なのは見て分かるからだ。

それに、相手の方が何倍もの大人数だ。

なぜ戦う必要があるのか。

それは、自分の国の領土を広げたいという、イタリア国王の思いからくる戦だ。

 

どちらも死人は出したくない筈だ。

話し合いでカタが付くのなら、話し合おう。

だが、大人隊の3人は反論してくる。

挙句の果てには、こう言ってくる。

「戦いたくないんだろう? 弱っちいチビは寝てな」

 

子ども隊は7人揃って話し合っていた。

話し合いでどうにかなるのなら、している。

そういう言葉が出てきた。

そして、7人の言葉が一致して取った行動は、これだった。

 

大人隊3人を自分達で殺す。

 

容易な事では無い。

3人共、強いからだ。それに、彼等は鬱憤晴らしとしてストレス解消の言い訳に使えるし、子ども隊は邪魔な存在だ。

だが、こちらには知能犯が2人に、実行犯が5人だ。

彼等は、大人隊3人を殺したのだ。

自分達の手で。

それは、大人が相手でも怯むことは無い。強いんだという証明になる。

その一部始終を見ていた相手の首領は、アダム=バーンズの顔をジッ…と見ていた。

そのうち、大人隊3人が死んだのを見届けると、何も言わずに自分達のアジトに帰って行った。

(さすが、あそこの子どもだ)

等と思われてる事を、バーンズは知らなかっただろう。

 

イタリアに戻ると、カピターノから問いただされた。

「どうして大人は1人も居ないのか?」

それに応じたのはバーンズだ。

「ガキは弱虫だから、見なくて良い、戦うなと言われた」

それは嘘では無い。

 

それを機に、子ども隊員は大人隊員を相手にして武術の組み合いをしだした。

だが、大人は直ぐに道具を使いたがる。

 

「弱い奴ほど道具を使うって言うからな」

ある一人の子どもが、放った言葉だ。

その言葉にムカついた大人達は、素手で子ども達と組み合う。

それは、お互いにストレス発散にもなり、敏捷性を養う事にも繋がる。

生傷は絶えないが、それでも武器は使わない。

それが、子どもにとってどんなに嬉しい事だったか。

 

そして、バーンズ27歳、ウォルター11歳、リン9歳になった時。

遂に、イタリア人の子どもが隊にぶち込まれたのだ。

銀髪碧眼で、育ちの良さが窺われる。その少年は何も言おうとはしない。

カピターノは自分と同じイタリア人が居るというだけで嬉しくなって、彼の名前が知りたくてちょっかいを掛ける。

名前だけでも教えてと強く言うと、その少年はやっと口を開き、呟く様に小さく放った。

「グズ……」と。

 

そのグズがぶち込まれたのと同時に、食事が変わった。

美味しいと部類されてる食事が、一層美味になったのだ。

0

Follow me!

前の記事

次の記事