甥っ子コンプレックス

久しぶりにヒロを見かけた。

マドリーヌそっくりの顔だから間違える事は無い。あっちは私に気が付いてないみたいだ。

何処に行くのか黙って付いて行くと、チャーチに入って行った。

いきなり男性の声が聞こえてきた。

「今日も来たのか」

「お母様が死んで」と返してるのはヒロだ。

 

何を話すのか柱の陰に身を潜めて聞き耳を立てていた。

「寂しいってか」

「何も出来ないんだ」

「いいか坊主」

「僕は何をしたらいいの?」

「そうだなあ……。祈ることはしてるから、後は力を付ける事かな」

「力って……」

「喧嘩でなくて合気道とか少林寺とか、フェンシングでも良い。自分に自信を付ける事だな」

「人を傷つけるなんて嫌いだ」

 

その言葉に、数人の笑い声が聞こえた。

「誰かを傷つける為ではなく、自分自身の限界にチャレンジするもんだ」

「そうそう。むやみやたらと傷つけあうのでなく、こうやったらこうなる、とか計算しながらしていくものだ。坊主、お前は数学って嫌いだろ?」

そう聞いてきた男に、ヒロは即答していた。

「苦手……」

「やっぱりなー」

「頭を使え」

「数学なんてものは、ここをこうしたらああなって、でも、これをあっちに持って行ったら…と、摩訶不思議な物になる。そうなると、これがハマるんだよな」

「型にはめずに違う閃きが来る時もあるけどな」

「まあ、そん時はそん時さ」

 

そうか、ヒロも悩んでるんだよな。それもそうだ、私にとって最も愛する女性だけど、ヒロにとっては母親だ。

彼等の言葉に触発され声を掛けてやる。

「ヒロ、帰ろう」

ふいに声を掛けられ驚いたのか、こっちを振り向いてきたヒロは驚きの顔を向けてきた。

「え、なんで……。誰にも言わなかったのに」

聞き捨てならない言葉を耳にした。でも今は怒るタイミングではない。

 

他の男達は気が付いたみたいだ。

「え、マルク様?」

「なんで、ここに……」

ざわつくが、構わずにヒロに言ってやる。

「ヒロにとって母親だけど、私にとっては姉なんだ。だから一緒に悩んで乗り越えよう」

「マルク……、ありがと」

 

神父が近付いて来る。

「マルク様。当チャーチに足を運んで頂きありがとうございます」

めんどくさいのは嫌いだ。

「この子は連れて帰る」

「お知合いですか?」

「先日、亡くなった私の姉の子供だ」

「え、マドリーヌ様の……」

 

ヒロの手を握ってやる。

「ヒロ、帰るぞ」

「あ、はい」

そう言うと、何を思ったのか神父や男達に向かってお辞儀をした。

「あ、あの、今日は帰ります」

 

すると、皆は一斉に立ち上がるとお辞儀を返す。

「お気を付けて」

ヒロトは急に態度が変わった彼等を不思議に思っていた。

どうして、そんな事を言うの。いつもは「気を付けて帰れよ」とか「犬に噛まれるなよ」とか笑い飛ばしながら言ってくるのに。

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP