出会うから別れがあるんだ

そして、時を遡り2年前。

こちらはドイツにあるフォン=パトリッシュの側付専用の建物。

「フィルー、ウィルが帰ってこないよー」

「ジョン、ウィルは任務だよ」

「にしても、遅くない?」

「手こずってるのかな……」

「え、もしかして1人なの?」

「そうみたいだよ」

「ウィルは時々1人であるよね」

「あいつは強いから大丈夫だ」

「そうだね」

 

ウィルはジョンには何も言ってないのか。

言われても、ジョンには意味が通じないだろうな。

そのジョンは御守りを握っている。

 

ここでは実力が3位までの奴は個室を与えられるのだが、それ以外の位置に居る奴は3人部屋になる。ウィルが卒業した今、ジョンはフォローしてくれる奴が居なくなり虐めが酷くなっている。

「ジョン、今日から一緒に寝ようか」

「え、フィルと?」

「嫌か?」

「ううん、嬉しい」

 

ジョンは目をキラキラと輝かせベッドに潜ってきた。

「えへ、フィルと寝るのは久しぶりだね」

「そうだな」

 

ジョンはブツブツと文句を言いだしてきた。

「まったく、ウィルは任務なら任務だと言って欲しいね。秘密主義なんだから」

「急に決まったから言えなかったんだろ」

「フィルは知ってるのに?」

「あいつが出掛けようとしている時に会って、その時に聞き出したんだ」

「それじゃ、会えてなかったらフィルも知らなかったって事?」

「そうだよ」

「まあったく、あの秘密っ子は」

「ジョン、悪口もその辺にして寝よう」

「うん、お休み」

「お休み」

 

もう戻ってこない仲良しウィル。

いつも3人でくっ付いていた。

ウィル、元気で。

 

ジョン。

君は知らないだろうが、あいつはお前をずっと護ってきた。

任務を終えて戻ってくる度、心は闇に少しずつ飲まれていく、蝕まれていくんだ。

それでもジョンが居るから、まだ保っていられたんだ。

人間で居られたんだ。

 

今のジョンには難しいだろうな。

ウィルと私にとって、君は人間に戻してくれる存在なんだよ。

いっそ闇に飲み込まれると楽になれるのに。

でもジョンが居るからこそ、私たちは物事を考える事が出来るんだ。

 

あいつは卒業したよ。

もう二度と会う事は無い。

お前に言わなかったのでなく、言えなかったのだろう。

言えば泣かれるから。

お前の泣き顔を見ると意志が揺らぐから。

だから、お前も強くなれ。

私も手伝ってやるからな。

 

静かに夜は更ける。

急に痛みがきた。

「うー……、何なんだ……」

「ったいよぉ……」

 

声のした方を見るとジョンは頭を擦っている。という事は、こいつの頭突きを食らったという事か。

顎を擦っていた。

「うー……」

 

ジョンは頭だ。

「んー……」

 

仕方ないなあ、自業自得だ。

「大丈夫かあ?」

「ぶじゃない……」

「俺の顎にぶつけて、お前はあ……」

「ごめん……」

「寝相の悪い子は、お仕置きだっ」

「っめんなさーい」

 

ウィル、ジョンは任せろ。

お前は自分の選んだ道を行け。

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP