男は何歳になっても夢見る少年だよ

だけど、子どもより大人の方が早くて、あっという間に追いつかれてしまった。

「遊びは、ここまでだ」

「一緒に、こっちに来てもらおう」

ここまでかと思ったが、トモが服をクイクイと引っ張ってくる。

「なんだよ」

「秘密縄」

その言葉で分かった。

そうか、それで下に降りればいいんだ。

「あばよ」

そう言って、俺は2番目の縄を、トモは隣の3番目の縄を使いスルスルと降りてやる。

「ガキのくせに」

「1番目は短いな」

そう言うと、4番目と5番目の縄を使い降りてこようとする。

が、5番目の縄を使った人は落ちてしまった。

「イェーイ」

だけど、もう1人残っている。

「待てよ。俺らが必要なのは、坊ちゃんだけだ。貴様は帰っていいぞ」

トモは即答していた。

「2人して連れて来られたんだ。帰る時も2人だ!」

こいつは誰にも言わないだろう。

いじめられっ子が、本当に強くなったもんだな。

「なら、一緒に帰るか」

「うん、帰ろ」

男の呟きが聞こえてくる。

「素直に帰してたまるか」

すると階段横のドアが開いた。

顔を覗かせているのは真っ黒い犬だ。

「お前ら、この2人を追え! 追って2人を追いつめろ!」

黒い犬が何匹も出てきたが、先頭の犬は動かない。

「どうした? さっさと」

コースケは思い出した。

「今のうちだ。逃げようっ」

「待て、こらっ」

少し経つと、後ろから男の叫び声が聞こえてきた。

「ぎゃー―」

コースケに聞いていた。

「ねえねえ、あの犬って何? それに、あの人は」

「トモ、俺は、あのドアの前に押しピンを置いていたんだよ。たぶん、痛くて動けなかったのかも。それで、あの男はたぶん」

その読みは当たっているだろう。

だけど好奇心旺盛なトモは聞いていた。

「たぶんって、なに?」

「あの黒い犬は、人間でも食べるんだよ。だから、あの男はどこかを怪我して血でも流したのだろう。その血の匂いで、あの犬たちに」

そこまで聞くと、さすがのトモも分かったのだろう。

泣きそうな表情で聞いてくる。

「まさか、食べられ、た、の?」

「たぶん」

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP