甥っ子コンプレックス

一方、ヒロトは泣くまいとしていた。

真っ暗闇の中に、いくつもの双眸がこちらに向いている。

声を出せば襲ってくるだろう。

なぜ、こんな所に入れられたのか。

どうして右奥の部屋に入るなと睨まれていたのか、それが分かった。

これは勝手な事をしたお仕置きだ。

そう悟った。

 

もう自分勝手な事はしない。

たしかに、誰にも言わなかった。

もし言ったとしても誰かが一緒に居てくれただろう。

それか、外出禁止と言われただろうな。

だけど、マルクは怖い。

こんな所に一日も、23時間も居れない。

 

だが、マルクは知らなかった。

その50匹を含め、屋敷中のド―ベルマンは全てがヒロトに懐いていた事を知る由もなかったのだ。

なにしろマルクとは違い、ヒロトにはたっぷりと時間がある。屋敷中のド―ベルマン相手に頭だけでなく、腹もなでなでして遊んでいるからだ。

基本的にド―ベルマンは、自分に威嚇の目を向けてくる時に敵意を剥き出しにする。

相手が誰なのか分かったド―ベルマンは近付きもしない。それに匂いで分かるものだ。ド―ベルマンに限らず、犬は嗅覚が非常に優れているからだ。

 

ヒロトは身を縮こまらせ震えていた。

日本に帰りたい。

日本に帰るまでの辛抱だ。

 

どれ位の時間が過ぎたのか分からない。

気付くと、朝陽が部屋内を照らしているのか、熱さを感じる。

あれ、僕はまだ死んでないって事か。

23時まで、後どの位あるのだろう。

マルク、お願い。

早く来て。

僕、もう勝手な事をしないから。

だから、早く。

ねえ、ここから出して。

でも、もう少しだけ寝ていたい。

怖いのだけど、なんだか暖かい。

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP