出会うから別れがあるんだ

その視線の先に居るのは、フィルとジョンだ。

君たちは変わってないね。その笑顔だと2人の大好きな中華を食べてるのかな。本当に変わらないね。私は、これから生まれ故郷で暮らす。

 

もう、あんな所には戻りたくない。

ここシンガポールに居た間は、時々思い出していた。

君たちの顔が浮かんでくるんだ。

だけど、ここからは自分の人生だ。

新しく踏み出す。

私は過去を心の奥底にしまい、頑丈に蓋を閉める。

二度と開ける事は無い。

でもドイツで学んできた事は忘れないよ。

これからの仕事に役立つからな。

 

フィル、元気でやれよ。

ジョン、泣き虫を直して強くなれ。

遠く離れたオーストラリアから2人の健康を祈ってるよ。

 

良い思い出は一つも無かった。

だけど、これだけは言える。

今、私は生きてる。

だからこそ、これからの人生を過ごす。

 

”ありがとう”なんて感情は無いから言わない。

 

なにしろ勝手にイタリアに連れて行かれ、また勝手にドイツに連れて行かれたのだから。

自分の思いで行ったのではない。

だから、この言葉を君たち2人に贈ってあげるよ

 

”人間、出会うから別れが来るんだよ”

”今迄、よく頑張ったね。お疲れ様”

”来世で会えるかどうかは分からないが、元気で”

チャオ!

 

何かを感じ取ったのかアーノルドは声を掛けてくる。

「ウィル。声を掛けてきたら?」

 

その言葉に、ウィルことウィリアムは2人を背にして歩き出した。

「時間だ。行こう」

0

Follow me!

ABOUT ME
asami
『Asami Novel』のあさみと申します。
PAGE TOP