運動しなくてもダイエットできる方法は1食食い!それってなに?

目安時間 6分

あなたのダイエットって、どのような方法を取られていますか?

 

食事方法

運動方法

サプリ取り入れ方法

 

ダイエット方法なんて腐るほどあるのですが、今回は結果が出てきました。 参考にしたのは、我が家の長男の食べ方です。

 

我が家の長男は自閉症で、自分の良いと思ったことは突き進んでいく猪突猛進なタイプで、別名、亥年人間です。

 

その長男の体型がいつまで経っても変わらないのが不思議で不思議で、ついに突破口を見つけました。

 

それが、食事の食べ方です。

 

食事の食べ方なんて、気にしてない人が多いと思います。

 

だけど、あるのですよ。

 

それを、私も取り入れ実践しました。

 

結果は、お腹周りが1サイズダウン。

 

その方法を、ご報告します。

 

 

健康的にダイエットしたい方法は1食食い

1食食い。

 

この言葉に、あるヒントが隠されています。

 

思い出してください。 高級レストランに行けば、フルコースなんて、まさにこれですよ。

 

ただし順番は汁物から始まりサラダ、メイン、サイド、最後に主食。そしてデザートです。

 

ね、まさに1食食いなのです。

 

 

 

長男の1食食い

・朝食

 

朝食メニューは母親が炊いた白米と父親が作っている具たくさんの味噌汁。

 

その食事をテレビを見ながら10分ぐらいで食べ終わります。

 

・昼食

 

朝食と同じ物。

 

時々冷凍チャーハンを温めたり、弁当を買って食べます。

 

・夕食

 

この夕食が一番大事なのです。

 

なんと、このお子さん、味噌汁から食べ始めます。

 

その次はメインの肉か魚

 

そして大好きな白米に納豆を置き、納豆から食べるという。

 

最後にサイドメニューにあたるサラダというか野菜関連

 

そう、まさに1食食いなのです。

 

 

 母の食事

 

・朝食

 

紅茶のみ。

 

その日によって大好きなアッサムかオレンジペコ、もしくはダージリンを選び、少し濃いめに抽出して牛乳を多めに加えてミルクティーにする。

 

・昼食

 

トースト(玉子乗せ or 納豆乗せ)と紅茶。

 

昼の紅茶はストレートで飲む。

 

・夕食

 

長男の1食食いを真似てみました。

 

野菜関連から食べ始め、コロッケなどの総菜、そして最後にメインの肉か魚です。

 

でも、この食べ方だとメインが冷めてしまうので、メインだけ別皿に取り分けオーブンで温めます。その時にキッチンペーパーを敷いて温めると余分な油分が取れます。

 

この方法を取り入れると、食後のお菓子なんて入りません。食べていましたが、やめました。

 

入っても、個別包装のチョコが数個ほどでしょうか。

 

主食は食べないです。

 

在宅でやっていると、この食事方法を1週間も続けていると、主食は一日1食で十分かもしれませんね。

 

 

結果は

その1食食いの食べ方を繰り返すこと1ヶ月で、結果が出たのです。

 

お腹周りがサイズダウンしたため、チノパンのウエスト部分が緩んでしまい、ベルトを使用していました。が、新しく買いました。

 

在宅を始めるまでは、スーパーマーケットで働いていたのですが、朝から夕方までの7時間のうちに、1階から2階、または3階や4階まで、一日に何回、いや十数回、階段で上り下りしていたのです。

 

エレベーターなんてお客様優先なので、スタッフは階段で上り下りします。

 

お昼メニューは決めていました。

 

・お握り3~4個(梅干し=クエン酸、納豆=納豆キナーゼ、おかか=良質たんぱく質、サーモン=たんぱく質)

 

・デザートにパン(小豆、イチゴなどの入った菓子パン)、たまにカロリーメイト

 

・緑茶(お握りなので紅茶ではなく、緑茶)

 

以上の量と栄養素で体重維持していました。

 

関連記事:Twitter 100人に聞いた「血液サラサラ」になる手抜き料理をご紹介! part2

 

 

お腹周りのダイエット方法 | まとめ

1食食い、お試しあれ。

 

でも、手抜きしたいときは手抜きしてもいいのです。

 

私だって手抜きしたくて、丼物、スパゲティ、カレーライスを作って食べているもの。

 

手抜き料理大好きな主婦あさみでした。

 

こちらもどうぞ⇒野菜ゴロゴロオムレツ

Follow me!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
プロフィール

名前 あさみ

年齢に関係なく、やりたいと思えばやればいい。
自閉症と大学生の子持ちだけど、母親業は縁の下の力持ちなんです。

就職、バイト、パートと転職回数が多く、転勤族の人と結婚したため転勤についての知識もある。接客業になりますが(汗)
自分の経験を基に色々と書いていきたい。

そんな私は、フリーの小説家です。

詳しくは⇒こちらからどうぞ

最近の投稿
最近のコメント
人気の投稿とページ
カテゴリー
Count per Day
Twitter
メタ情報
アーカイブ
プライバシーポリシー