可愛いと言わないで

可愛いと言わないで 18 Rきわどさ

トイレから出ると、先にこっちと言われ風呂場に連れて行かれた。

「悟さん……」

「真っ赤になっちゃって」

恥ずかしいとしか言えなかった。湯船につかった俺は悟さんの引き締まった身体を見ていた。手刀だけでなく少林寺や合気道もしている悟さんの身体は逞しい。

「優介? 優介、何を見てるんだ?」

「悟さんの身体って逞しいなあって思って」

「それは嬉しいが、あんまり見つめるな」

「どうして?」

「照れる」

今度は、お前の番だ。そう言うと、湯船から引っ張り出された。しかも、悟さんの足の間に座らせられた。

「さ、さと」

「優介の身体を洗ってやる。だから大人しくしとくんだぞ」

そう言うと、頭からお湯を掛けられた。頭を洗われ、身体も洗われる。とても優しく触ってくる悟さんの手は、お医者さんの手だ。気持ち良い。

「まだ寝るんじゃない」

見ると、俺の身体は石鹸の泡で隠れてるが、両胸の乳首を触られてるのが分かる。その指が俺の乳首を抓ったり押したり引っ張られたりして擦ったりしてくる。

「あ……」

その内、その指はお腹に移り、臍の辺りを擦っている。

「くすぐ……」

悟さんの手は、段々とお尻に、太腿にと移動している。

「だ、だめ」

太腿にあった手が、いきなり俺のを握ってきた。

「さと……、あ」

悟さんの息が耳に吹きかかる。その悟さんの手は、俺のを握って動かしてる。

「ふ……」

優しく触ってた手が、いきなり動いた。悟さんの手が、俺のを握ったまま動かしてる。

「あ、ん……」

なんか、もう駄目。自分でやってる時とは大違いだ。すっごく感じちゃって、だから言っていた。

「さと……、も、もう、駄目」

そう言うと、お湯を掛けられた。泡が消えた身体を見ると、悟さんが握っている俺のはギュウッと握られている。駄目だ、駄目だ。これ以上やると……。

「さとっ」

「良いから、イッて」

その声は、今迄とは違う聞いた事のない声だった。悟さんの手が離れた、その途端、俺のは弾け出た。

「あ、ああっ」

その弾け出たものを指に絡ませると、今度は奥の方を触ってきた。

「ん、ん」

「痛くないから」

痛くないけど、なんか変な感じだ。

「あ、あぅっ」

「優介、大丈夫だから」

その奥の方に指を突っ込んできた。

「!!」

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。