可愛いと言わないで

可愛いと言わないで 40 足長おじさん

悟30歳、優介11歳(小学校6年生)になった、その年の夏。

その、ある日。悟は空港に居た。見送りなんて要らない。そう思って優介の脚腰が立たなくなるまでエッチしたのだ。まだ小学生だから無理せず手加減もせずにとなると難しいが。

気配を感じたのだろう、目が開いてる。

「悟さん」

「なんだ、起きたのか」

「俺も」

「寝てて良いよ」

「でも」

「それじゃ行ってくる。3年間、大人しく待ってろ」

「うー……」

「睨むなよ」

「空港まで行きたかったのに……」

「見送りなんてされたら離れたくなくなるだろ」

「それが狙いの一つなのに」

俺の鼻の頭をちょんちょんと小突いてくる悟さんは言ってきた。

「大丈夫だよ。3年間なんてすぐだよ」

「身体が、う、動かない……」

「行ってくる」

優介は枕を抱いてる。

「行ってらっしゃい。体調に気を付けてね」

「優介もな」

だけど、数日過ぎると音を上げた。だって寂しいから。一緒に2人で温もりを感じて寝ていたんだ。その悟さんの温もりも1週間もしないうちに消えてしまった。

夏休みは部活もあれば文化祭の準備で忙しかった。文化祭が終わると気が抜けたのか眠気がくるが何やかやと忙しかったのもあり、夜はぐっすりと寝ていた。

そんな日々を過ごしていると、11月、誕生日プレゼントが届いた。最初は悟さんからかなと思ったが、どうやら違うようだ。だって、贈り主は足長おじさんだから。

足長おじさんって、誰だろう。しかも、宛先は斎藤優介、自分宛てだ。もしかして開けるとドカンッと爆発する物だろうか。どうしようと悩んだが、意を決して包装を解く。

箱入りだ。しかも、ロゴが『AOKI』だ。え、これって、中身ってもしかして……。

その箱の蓋部分にあたるハンガーを開けるとスーツが2着。しかも、カッターシャツが4着とベルトとネクタイ2本とネクタイピンも一緒だ。丁寧に靴まで。

メッセージが入ってるので、それを開けて見る。手書きだ。この文字って、まさか。

これは、まさか……、友兄なの? 去年、レシピを書いてくれた友兄の字と見比べてると直ぐに分かった。ありがとう、友兄。大事に着るよ。まったく、足長おじさんだなんて、お茶目なんだから。

ドキドキしながらスーツに袖を通し、鏡を覗き込む。

うわあ……。全体的に少し大きめなんだけど、でも中学校の間にも背は伸びるだろう。なんか自分で無いみたいだ。でも、嬉しい。

お陰で、その日の夜はぐっすりと眠れた。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。