可愛いと言わないで

可愛いと言わないで 58 R18抵抗ある方はスルーしてください

肩を噛まれ、そのまま噛み痕を舐めてくる。

「ん……」

悟さんの声が耳元で聞こえてくる。

「大丈夫だよ。だから緊張しないで」

ドサッと押し倒されると、首筋から胸元へと唇を這わせてくる。

「さ、さと……」

「そうやって、私の名前を呼んでて」

胸を鷲掴みにされ舐られてるのが分かる。

「ん、んん」

尖りの部分を抓まれ痛みが襲う。

「っ……」

尖りを舐められているのか、痛みは消えて快感がくる。

「あ……」

3年生になってからは数える位しかエッチしてない。それは俺が受験生だったからだ。それでも、しようと思えば出来たはずだ。それをしなっかたのは、悟さんなりの気遣いだったのだろう。

悟さんの舌が、胸からお腹へと移って行き、臍の辺りを舐めてくる。

「ん、そこ」

「ここがイイのか」

「ち、ちがっ」

「優介の感度は、ここなのか……」

「だから違うって」

「じゃあ、何だ?」

「くすぐったいの……」

クスッと笑われてしまった。

「笑わなくても良いでしょ」

「はいはい、ごめんね」

そう言うと、俺の太腿を触ってきた。

「あ……」

「大人しくされてろよ」

そう言われ目を閉じる。何をされるのかは分かっている。まだ中学生だった頃、悟さんはアメリカから帰ってくると、してきたからだ。

「ごめん」

と言った意味が分からなかった俺は、その後の行為に驚いたものだ。

「ぐ、ぅ」

「力抜いて」

「さ、と」

「緊張しなくて良いんだよ」

「あ……」

「優介のがキツイから、指が動かない」

その言葉に真っ赤になった。悟さんの反対の手は自由に動いて、俺の乳首を触っている。抓ったり潰したりして、その度に感じていた。すると、何かが押し入ってくる。

「あっ」

「ん、やっと動けるようになった」

そう言うと、指を動かしてくる。

「んっ、だ、だめ」

「何が?」

「そ、そこっ」

「ここか」

そこをピンポイントで突いてくる。

「ふっ、は、は」

少しすると指を抜き出したのか、気分が楽になった。そう思っていたら、今度は違う圧迫感が押し寄せてくる。

「え、さと」

「射れるから」

「あっ……」

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。