婚活&掃除

”婚活アドバイザーあさみ”による婚活の活動についてセミナー

[vkExUnit_ad area=before]

前記事の続きとしての記事となります。  

婚活の活動

活動といっても、一概には言えません。結婚相談所もそうですが、最近では婚活パーティーだけでなく、マッチングアプリ、婚活サイトなどに登録して活動します。

あとは、出会い系サイトになります。 出会い系サイトではテレビでもニュースになっていましたが、色々と問題やもめ事があるので、お勧めできません。

合コンも、異性と出会うためには積極的に参加したほうがいいです。

婚活パーティー

規模にもよりますが、10人から20人ぐらいの小規模なところもあれば、テレビで放映されているような50人ぐらいのパーティーもあります。 女性の参加費は安いですが、男性は10,000円近くかかるのが大半です。 有名どころではParty Partyが上げられます。

  • 小規模のイベントが多種多様、四季折々に企画され行われています。
  • 女性の参加費は安いが、男性は10,000円近くかかります。

メリット

  • 個室で話せる。
  • 自分のスマホなどで相手のプロフィールを事前にチェックできる。

デメリット

  • 女性が20代と若い人が多いのに比べ、男性は30代後半から40代の人が多い。そのせいか、相手との年齢が気になってしまい、もっと若い人がいいと思ってしまう。
  • 話す時間が短い。

 

マッチングアプリ

マッチングアプリとは、オンライン上で同じ目的の者同士を繋げるアプリです。

20代から30代の男女の5人に1人が利用しているそうです。そのアプリには大きく分けて4種類あります。

ビジネス系

仕事を探している人、または仕事を依頼したい人向け

婚活系

結婚を前提とした、お付き合いをしたい人向け

恋活系

真剣なお付き合いをする恋人を探している人向け

遊び友だち、パパ活系

友人捜しや金銭的の支援者(パトロン)を探したい人向け

Facebook系のアプリで、国が発行している公的身分証明書による年齢確認が入会時に行われていることが必須で、運営会社による24時間体制の目視パトロールがされています。そのため、安心して利用できるのです。

有名どころのサイトやアプリなどをリストアップいたしました。

婚活系 ゼクシィ 男性30代 女性20代後半 You bride 男性20~30代 女性20~30代

恋活系 With 男性20~30代 女性20~30代 Pairs 男性20~30代 女性20~30代

一番効率のいい探し方は複数のアプリを登録して並行利用することです。

婚活系

結婚を前提とした付き合いをしたい人向け。

ゼクシィ縁結び

コマーシャルや雑誌などのメディアに出ている有名所です。 婚活系だけでなく恋活系、遊び友だち、パパ活系、すべてに通じているオールマイティで、ここ一ヶ所だけでいいと思える所です。

20代が7割を超えている若者が多いマッチングサービス。

メリット

  • 知名度のある会社が運営しており、有名。
  • 有名ブライダル誌ゼクシィの関係で、探せる結婚式場が多い

デメリットはなさそうな気はしますが、支店が少ないのが難点。

You bride

女性は無料登録、男性も無料だけどメッセージをする場合は課金になる。

本人証明(年齢、収入、独身証明)などがあれば別に全部を曝け出さなくてもいい。だけど出した方が信頼度は上がります。

メリット

  • プロフィールの項目が結婚後の生活の理想像までと、書く項目が多くあるので結婚後が想像しやすい。
  • 質問コーナーやコラムがあり悩んでいるときは見て参考にできる。

デメリット

  • 年代的に20代~60代までと幅広い人がいるので、探すのに苦労する。
  • 相手の持っている理想が高すぎる人が多くいることが分かる。
  •  

Marrish(マリッシュ)

恋活、婚活だけでなく再婚、年の差婚など幅広いマッチングが紹介でき、30~40代の男女が中心に活動しており、基本無料。 真面目にパートナー探しをしている人が利用すると良いかも。

Match(マッチ)

男女ともに30~40代が中心に活動しており、成婚率が高いアプリ。他のアプリとは違い、無料会員でできることが多い。 複数の公的証明で身元を確認するため、不正ユーザーの排除などの取り組みも行われており、安心して利用できる。

ブライダルネット

男女ともに20~30代が中心になって活動している。 東証一部上場企業が運営しており安心できる。男女同額なので、真剣に結婚を考える男女が集まりやすい。

エキサイト婚活 低価格で利用でき、男女ともに20~30代が利用しているアプリ。

恋活系

恋人から関係を築いたい人向け。

 ・With

Facebook系のアプリで、上場企業による運営なので安心がある。

監修はメンタリストDAIGOさんがされていて、心理テストを行えるイベントが多々開催されており、 よく当たるとの評判だそうです。

男女ともに20~30代が中心に活動しており、男6:女4という割合の人が活動して、それぞれの共通点からマッチングを取っていける。

見た目などの条件以外に性格診断、共通点、恋愛における価値観、気が合う度合いで見つけることができる。 恋活よりも真剣なつきあいをしたいという、やや婚活系よりの人向けです。

Pairs

国内最大級の恋愛婚活マッチングアプリで、登録者は600万人に及ぶFacebook系のアプリ。

本人証明となるFacebookに登録しているという安心感があり、ブロック機能などもあります。運営はきちんと24時間機能しています。

やり方は、気になった人にいいねとマークを付けて、お互いが良ければマッチングが成立します。そこからメッセージ交換などで趣味などを詳しく話せ、気が合ったら実際に会って話しをすることができる。

マッチングアプリの中では、一番安心感があるのではないかと思います。

メリット

  • 女性の参加費は無料、男性はプランによって3,000円からあり、リーズナブルなアプリです。
  • 事前に相手の写真やプロフィールが分かるので、判断基準がすぐにできます。
  • 年齢的にも20~30代と若者が多い。
  • コミュニティという趣味やハマっていることを選択できるので、同じ趣味の人を探せる利点がある。

デメリット

  • 会ってみないと分からない。

 

タップル

男女ともに無料登録でき、20代女性に人気のアプリ。サイバーエージェントグループが運営しており、24時間365日監視されており、安心して利用できる。

aocca(アオッカ)

デーティングサービスのアプリ。「手軽に」「簡単に」「今すぐ」の三つに拘ったカジュアルなサービスです。

Ravit(ラビット)

20~30代の男女が中心となって活動している。AIエージェントが相手探しを手伝ってくれるというハイテクなアプリです。

他には結婚相談所というのもありますが、登録料がアプリやサイトと違って高く、登録するには敷居が高いです。 入り口辺りでうろちょろしているよりも思い切って入ってみたら、緊張するけどスタッフが温かく出迎えてくれて話しやすかった。と、思えるかもしれませんよ。

でも、相手を選びたいですよね。 そういうときは仕事が終わりアフターや休日には、どこかのサークルに入るのも手です。趣味を通じて意気投合して話が弾むと、その流れで食事したりお茶を飲んだりしていると付き合っている感があります。

アプリ登録に勇気がでない人には、このサークル入会は良いと思います。 どのサークルに入るのかにもよりますが、スポーツでしたらスイミング、テニス、フィットネスジム、文系でしたら英会話あたりが多いのではないでしょうか。

ちなみに筆者は個人経営でしたが、英会話教室にて結婚相手と出会いました。急がないことが大事です。 焦らず、ゆっくりいきましょう。

 

結婚はしたくなった時にする!

 私は結婚式場で働いていたことがあり、とても素敵な言葉をいただいたことがあります。そのお二人の言葉を皆さんにご紹介して、終わりにしたいと思います。

その当時、たまたま受付に居たとき、その男性と女性は来館されました。

「いらっしゃいませ」

「こちらでは、二人だけでの結婚式は駄目でしょうか?」

「大丈夫ですよ」  

お話を聞いていると、お二人とも60歳を過ぎているとのことでした。どこに行っても、二人だけの式では無理と言われ、断られていたそうです。  

断る理由も分かります。 結婚式場では、食事や引き出物、衣装のレンタル料が主な財源になります。お客様がいらっしゃることがあっての、私たちスタッフの給料がいただけるのです。  

その反面、二人だけだと食事は豪華でなくてもいいし引き出物は要らない、衣装は借りなくてもいいので年金暮らしの人にはリーズナブルに式を執り行うことができるからです。

「お互い独り身だけど一緒に暮らしているのが自然でね」

「お互いの家族は既に他界している。2人で祝いたい」  

その言葉に、私は即答していました。

「お二人だけではありませんよ。当式場のスタッフもいます。スタッフ皆で、お二人の式をお祝いさせていただきます。おめでとうございます」

「ありがとう」と、お二人とも至福な表情をされていました。  

その時に言われたのです。

適齢期とは、昔の先人が勝手に決めた言葉なのよね。20代で結婚だなんて無理に等しいわよ。それに従う義務もなければ、適齢期に結婚ができなかったからと世間に対して体裁が悪いとか、顔むけができないものでもない。結婚するということは、自分で決めるものだと思っている。若いうちは一杯遊んで、遊び飽きたら恋愛をする。私は、結婚は死ぬ前でいいと思っているの」

「そうそう。この命が果てる時が決まっていれば、その前日に結婚すればいいと思っているよ。そうすると泣いてくれる人が一人でもいるからね」

「若い人には分かりにくいと思うけどね」  

昔と現在は違うと言いますが、そのお二人のお陰で私は素直に頷けたものでした。  

当時、20代後半だった私にとって、その二人の言葉は深く心に刺さりました。 今でもはっきりと覚えているぐらいですもの。

周りがやいのやいのと騒いでいるところで、当の本人にその気がないのでどうにもなりません。見合いもしなければ、自分の好きなようにしていました。

私が結婚したのは30歳になってからです。

結婚式場で働いていたスタッフより一言

「結婚したくなったとき。」

これが、適齢期の正確な時期です。 その時期というのは、人によって違います。

  • 友人知人が次々と結婚していって寂しい。
  • 友人が結婚したはいいが子どもを出産して母親になった途端、疎遠になり、自分1人だけになってしまった。

だからと言って焦りは禁物です。

婚活と言えば、適齢期はセットで付いてくる言葉です。だけど適齢期は20歳代だと決まっているものではありません。 皆さんも年齢にとらわれなく、結婚したくなったときに相手を見つけ結婚したらいいと思います。  

はっきりと書きますが、 『遊び相手と恋人と、結婚相手は別物です。』  

そのためには、暑くても寒くても合コンには出席しましょう。参加したくない会社の飲み付き合いより、刺激がありますよ。  

だからと言ってむやみやたらとアプリに登録をするのではなく、婚活か恋活かをきちんと認識して登録したほうがいいですよ。

結婚を前提として相手を探すのなら婚活系のアプリに。 恋人を探して、じっくりといい関係を築いていき結婚にもっていきたいと考えるなら恋活のアプリに。  

この人と仲良くなりたいな、結婚したいなと思っても、相手がどう思っているのかは分かりませんよね。 結婚するというのは誰にでもできることです。

ただ、その過程の段階で破局を迎えるか、結婚したはいいが破局を迎えてしまったか。誰にも分かりません。  

ですが、これだけは言えます。

結婚するということは、お互いに我儘は言えない。グッ…と我慢することがあります。  金銭なのか、自分の時間なのか、趣味なのか。それは人様々です。でも、どうなるかは自分の気持ちによって変わってきます。  

運命の人と出会うのは、行動するのみです!  

しかし、色々とアプリがあるのですね。それほど需要があるということなのでしょう。  

いざ、婚活。 されど、婚活。  

結婚願望が強ければ相手にも強いてしまいがちですが、引くという手もありです。  

もし、ご成婚が決まりましたら、婚活アドバイザー”あさみ”にご連絡ください。  

金銭から料理、引き出物、衣装などとアドバイスさせて頂きます。もちろんギャラは、お二人のお気持ちで結構です。  

ご静聴ありがとうございました。

お待ちしております。

 

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
あさみ
年齢に関係なく、やりたいと思えばやればいい。 自閉症と大学生の子持ちだけど、母親業は縁の下の力持ちなんです。転職回数が多く、転勤族の人と結婚したため転勤についての知識もある。自分の経験を基に色々と書いていきたい。 そんな私は、 6年前から小説blogで毎日更新している小説家です。 2018年11月からは、 株式会社まんがびと様に声を掛けていただき電子書籍作家にもなりました。 詳しいプロフィールは、こちら⇒人間、やりたいと思えばやればいい! 詳しくは、こちらへ⇒ポートフォリオ Amazonの著者ページ⇒Amazon