君は腐れ縁であり運命の人

誰かに抱き付かれそうになった。

その手が伸びてくる寸前、転げ落ちる様に椅子から下りる。

「友、逃げるなー! なんで俺は居なくても良いんだよぉ……。拗ねてやる、いじけてやる。」

寿司屋が泣き真似をしている。

「トロを大皿に一盛りしてくれると、言い直してやるよ。」

その言葉に、他の3人は笑ってる。

「あはははっ……。夏には、まだまだ出来ないよな。」

夏は、手を包丁の形にして言ってくる。

「そういう事を言う子は、俺が捌いてやる。逃げるなっ! お前等、待てー」

廊下と教室を走り回っていると、バイクと医者の卵は捕まり、包丁代わりの手で裁かれている。

「残るは、あの2人だっ」

俺とハーフ君は、2人してアッカンベーをしてやった。

「簡単には捕まえられないよっ」と、俺が。

「捕まえられるものなら捕まえてみろっ」と、ハーフ君が。

そう言って、ベランダから飛び降りた。

「卑怯者ー。ってか、ここ5階」

俺は窓から降りると木の幹にしがみ付き反対側に隠れたが、ハーフ君は木に足をつけるとバク転をして屋上に飛び上がった。

なんか、楽しそうなメンバーだな。これからが楽しみだ。

俺は、香織とは違って虐められた事がある。だけど、今回はこいつ等がいるから大丈夫だ。お芝居はしなくても良い。

俺は東京の方に向いて、心の中で言っていた。

(康介。俺は大丈夫だよ。虐められても仲間が居る。康介も元気でな。)

風に乗って3人の声が聞こえてくる。

「豊ー。友ー。あと3分で授業始まるぞー」

ああ、そういう時間か。うーーんっと伸びをして、教室近くのベランダ目掛けて飛び上がる。それと同時に、屋上からハーフ君が見事な着地をする。

こいつには、合気道と少林寺だけでなく他の事でも相手にして貰おうかな。取り敢えずは合気道だ。

「たっだいまー」

と、2人が声を合わせてベランダから校舎内に入ると同時に、俺はハーフ君の踵を目掛けて踵落しを狙った。

すると、見事にべチャッ……と倒れた。

「隙ありー」

「ってぇ……。とーもー、この野郎、ヘッドキックかましてやろうかっ」

キーンコーンカーンコーン、キーンコーンカーンコーン……♪と鐘が鳴ると先生の声が聞こえてくる。

『これから、午後の授業が始まります。今日も、残り2時間頑張ってね』

その校内アナウンスに「はーい、頑張りまーす」と返事をして小走りに教室に向かった。

ハーフ君は、俺の椅子を引っ張るつもりだったらしいが、俺は一つ前のハーフ君の席に座ってやる。ものの見事に、ハーフ君は俺の机にダイブする。腹を打ったみたいだ。

「このやろ。よく見極められたな……」

「甘く見過ぎだよ。」

あ、でも一つ前の席は『様』だ。その『様』君は俺を睨んでる。

「じゃ、自分の席に戻るかな。」

そう言って、俺はハーフ君と入れ替わって自分の席に戻った。

その後、虐めは無くなったが優『様』からは睨まれっぱなしだ。

小学校を卒業して中学に入学すると、マンモス校で一学年が10組もある。

俺は良、隆一、豊、夏と同じクラスに、香織とも同じCクラスになったが、優『様』は、違うクラスだ。

今度は登校班はなく、己だけで行く。小学校より15分ほど遠い場所にある中学校だが、皆と一緒に行くのでまだ迷わないでいれる。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。