君は腐れ縁であり運命の人

中学校では、小学校とは違い給食ではなく弁当なので、作って持って行く。

弁当ぐらいは、とお母ちゃんは言ってくるが、自分で作る。朝食も作ってるのだから、弁当も一緒に作る時間があるからね。それに、お母ちゃんには夕食を作って貰ってるからね。

香織の弁当も、一緒に作ってやってた。なにしろ、あいつはギリギリにならないと起きてこないからだ。

たまーにだけど、煮物が余ってるから弁当に入れたらとお母ちゃんが言ってくれる。そういう時は、ありがとうと言って、素直に弁当に詰める。

そんなある日。

香織は、誰かに何かを言われたみたいだ。

「お前、あいつと同じ弁当じゃん。作ってあげてるんだ? あいつは彼氏か?」

その言葉に、香織は素直に応えたらしい。

「友が作ってくれてるのだけど。それが何?」

そいつは、俺の席に来ると、こんなことを言ってくれる。

「とーもー君。お前は、美人な彼女に弁当を作って捧げてんだ? いなあー、青春だね。食い物で、彼女を落としたのかよ。どれ、一口」

誰がやるかと思っていたら、一緒に食べていたハーフ君が自分のをそいつに持たせ、俺のをパクついてくれた。

「あー。俺の唐揚げっ」

「ぅんまぁー! これ美味しいわ」

「下ごしらえに何時間掛かったと思ってんだ? その唐揚げは、醤油と胡麻油と味噌の絶妙なバランスがモノを言ってるのに。返せっ、俺の唐揚げー」

「もう胃の中。なら、何か欲しい物をあげよう。何が良い?」

そう言われ、俺はハーフ君の弁当箱からダシ巻き卵二切れとほうれん草の煮浸しのアルミカップを器用に箸を使って一口で持って口に入れ、アルミカップを返した。

「……容赦ないね。」

「唐揚げの代わりなんだからな。」

さっきの男子の声が割って入ってくる。

「でも、ハーフ君のも美味しかったよ。」

「それはありがと。あっち行って。」

ハーフ君は、そう言ってそいつを追っ払った。

家に帰り、お母ちゃんに学校であった事を話し、香織の弁当を作って欲しいと頼んだら快くOKしてくれた。

「香織と同じクラスだから余計に言われるのね。嫌だよね、そうやって言われるのは。」

「香織も嫌だと思うよ。俺、自分のは作るから、香織のをお願いね。」

「はーい。でも、良かった。」

「何が?」

「朝仕事は全部やってくれるから何もする事がなくて困ってたのよ。」

「なら、明日からは大丈夫だね。」

「ありがとね。」

お母ちゃんは、見るからに生き生きとして香織の弁当を作っているのが分かる。たまに、俺もお母ちゃんが作ったのを詰めたりして。

材料を切るのは俺の役目だけど、お母ちゃんはスキ焼のタレとかを使って味を付けてる。あー、良いなあ。俺も、そうやって丼系の味にしようかな。野菜も一緒に炒めて、そういったタレを使って味付ける。箸が進むだろうなぁ。

そして、中学に入っての初めてのテスト、中間試験が始まる。3学期制で、夏休みに入るまで、もう1回、期末試験がある。

夜は早く朝はギリギリに起きてくる香織は、試験勉強はどうしてるのだろう。

俺は料理クラブに入っているが、試験中は部活は休みなので勉強できる。いつの間にか、週末ごとに病院とかバイク屋とか寿司屋とかハーフ君家で勉強会というものをするようになっていた。

優二郎が居ないのでそれとなく聞くと「優二郎ではなく、優三郎だ!いい加減覚えろ」と4人が口を揃えて言ってくる。その優三郎が居ないのは、クラスが違ってるからだそうだ。

最初は昼ご飯に、それぞれがスーパー等で買って持って行っていた。そのうちに、各家庭で昼ご飯を用意してくれるようになり、我が家でもお母ちゃんがここぞ、と腕を揮って作ってくれる。

嬉しいのだが申し訳ない。

寿司屋で勉強する時は、1階に降りて金を払って1ヶ月に1回の御馳走。おやっさんは別に構わんと言ってくれるが、こっちが構う。寿司屋だからね。御馳走だよ、御馳走。

それに、ハーフ君の家というか、屋敷だね。そこで勉強する時も最初は構ってた。だが、そこの人達は優しく迎えてくれた。それに、豪勢な食事。昼食に、こんなにも食べるのかと思える程の種類や量に驚いた。

だから、ハーフ君は身長も高いのか。

ハーフ君の父親が屋敷内を案内してくれて、俺は興味をもった部屋があった。武術室、いわゆる道場だ。なるほど、だからハーフ君は武術に長けてるわけだ。

そんなこんなで、中間試験が終わると、各学年とも50位以内の名前が貼り付けられる。

げっ、なにこれ。

見ると、名前とクラスだけ書かれているのだけど、1位から40位までが福山さん、福山君だ。俺は友明だから、ア行から名前が連なっており、自分の名前を見つけることが出来た。

26位とは微妙だな。

だけど、俺の後ろには夏生、豊、隆一、良と所々飛んでるが並んでいる。優三郎という名前も並んでる。

それは、試験ごとに貼り出されるみたいだ。メンバーは変わらないので、順位も変わる事はない。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。