能登旅行2人旅

23

能登半島2人旅

ちなみに、その日の夕方17時過ぎにコンビニ店長とバイク屋の店長は戻ってきた。

お隣のガレージに悟用の段ボールを突っ込み終え、自分たちの荷物も出し飾り終えると時計は18時半過ぎになっていた。

「帰ってきたなあ……」

「楽しかったな。」

「そうだな。今日と明日はゆっくりするかー」

「個人営業だからこそできるやつだな。」

新一の、その言葉に昌平は微笑んでいた。

「ボス……」

「晩飯どうする?」

「デ、デリバリーを頼む?」

「良いねぇ。そうしよう。」

それぞれが好きな物を注文する気だった。そんな時、呼び鈴とは言えない低音の声が聞こえてきた。

「ピンポーン、ピンポーン」

その呼び鈴を声にしている持ち主に気がついたのか、新一は笑っている。

「ボス、誰かが来たみたいだけど……」

「今日はコンビニとバイク屋は休みです。」

すると声が聞こえてきた。

「昌平、新一、居るだろう。たまには一緒に食べないか。」

その声にドアを開ける。

「おんや、これは珍しい人だな。」

「ジェットを戻すだけ戻して、本宅に寄らないってどういうことだ?」

「先にこっちに戻ってきて、ジェットを戻しただけなんだけど。」

「帰ってきたなら顔を見せろよ。」

「ほいほい。」

「で、悟は?」

「優ちゃんと一緒に旅行中。」

チラッとこっちを見てくる。あ、これはもしかしてと思ったら案の定こう言ってくる。

「邪魔だったか?」

「え……? い、いや。そんなことないよ。なあ、ボス?」

そうしたらこう言ってきた。

「そうだよ。邪魔だよ、邪魔。」

「ボ、ボス……」

ボスの弟である隆星は珍しそうな物を見る目になっている。

「へぇ、昌平がそんなことを言うとはね……」

しかも、今度は俺に言ってくる。

「無事に手懐けたな。」

「ち、違う……」

「違うってなにが?」

「だから、隆星が思ってるようなことじゃない!」

「叫ぶようなもんじゃないだろう。昌平に思いを寄せて何年だ? それを思えば手懐け成功したなぁ。」

この野郎と思い胸ぐらをつかむ。

「だから! 違うって言ってるだろ!」

「言っておくが、私にはソレは効かない。」

ボス、こいつをなんとかしてくれと思っていると、こうも言ってくる。

「隆星。私たちはこれから食事をデリバリーしようと思っているんだ。邪魔だから帰ってよね。」

ちょっと待ってよ、なんでそういうことを言ってこいつを煽るんだよ。

「なぜデリバリーなんだ?」

「たまには美味しい物を食べたいじゃない。なあ、新一?」

「持ってきた。」

その声にボスと声が重なっていた。

「隆星、おまえは……」

「隆ちゃんは寂しいんですかあ?」

あ、そっちか。それは当たりだったみたいだ。その言葉に、隆星はそっぽを向いてしまった。

「龍の話しを聴きたいから……」

「まぁー! 新一、こんな珍しい表情をする隆ちゃんだなんてレアよ、レ・ア・も・の。仕方ないから、今日はうちの本宅食事で我慢してね。」

「良いよ。」

たしかに拗ねている表情はレアだよな。

こいつとは中学からの付き合いだけど、こんな表情をしてくるのは甘えている証拠だ。そう言えばずっと家族と一緒で暮らしていたのに、1人になったからか。寂しがり屋なのは相変わらずだな。

その寂しがり屋で甘えたの隆星は俺に向かって怒鳴ってくる。

「新一、何がおかしい!」

「いーや、なんでもない。」

本音は2人きりで食事したかったのだけど、緊張して喉を通らないかもと思っていたんだよな。それを思えば、邪魔してくれるのはありがたい。

でも、こんな表情の隆星を見るのは久しぶりだ。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。