能登旅行2人旅

あとがき

能登半島2人旅

いつも読みに来て頂きありがとうございます。

『能登半島2人旅』は、いかがでしたでしょうか。

前作である『龍神の宮殿』で瀬戸常務の常務秘書をしている岡崎からアドバイスを欲しいと声を掛けられ、結局は能登に行く事になった悟は、とんでもない物をお土産に貰ったのですね。

いや、勝手に漁ったと言うべきですね。

その悟は一緒に暮らしているパートナーである優介と、初の2人旅へ!

能登って、素晴らしいスポットがあるのですね。調べてると色々と出てきましたよ。

『幸せの鐘』だけでなく『縁結びの鐘』というスポットもあるようで、両方の鐘を鳴らすと良い人と出会え結婚出来るらしいです。

悟は、とことんマイペースな意地悪を発揮していましたが、照れ隠しだったのでしょうか。そんな気がしています。

私自身、この2人が好きなんです。また、登場させますので読みに来てくださいね。

そして、おまけ的に登場させた屋外道場と、昌平のすぐ下の弟、隆星のお話。

メール送信しても見ない人はいらっしゃるはず。そんな人が多いということが判明しましたね。

しかも、子どもは元気だということです。

子どもたちを手懐ける”とーる先生”こと岡崎は能登の県立総合病院で付き添いで残っているので来れませんよねえ。

そして、30分待てば戻ってくるコンビニ店長とバイク屋店長を待たずに、皆さん帰ってしまったというお話でした。

後半は、そのコンビニ店長とバイク屋店長。

2人で食事をしようとしていたのに、昌平のすぐ下の弟の登場で静かな夕食タイムは流れてしまいました。

その弟の隆星と新一は中学からの付き合いなので、自分の気持ちがバレているのは致し方のないことです。

しんみりとした緊張あふれる夕食タイムが一転しておふざけタイムとなりますが、友情を深めることでしょう。

また、登場させようと思っています。

その時も読みに来てくださいね。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。