甥っ子コンプレックス

49

中々、来ないヒロに苛立ちを覚えていた。

ふと窓の向こうを見ると、エドのヘリが飛んで行くのが見える。

まさか、あいつ等ー!

すぐにでも捕まえたいが、自分のジェットは修理中だ。

くそう、こうなればヘリでも構わん。

遠ざかっていくヘリしか見えていなかった。

 

シュンッと風が空を切る。

が、色んな音が入り混じっている為、気が付いていなかった。

誰もが、自分のジェットを修理や点検をしている。その為、自分で格納庫に赴きヘリを物色していた。

 

音もなく、血に飢えたドーベルマンが静かにやって来る。

屋敷中のドーベルマンが何者かに操られているかのように、複数ある格納庫の一ヶ所に向かう。

ヘリを動かすことが出来ずイラつきながら外に出た。

 

すると、ドーベルマンの群れに気づき、「あっちへ行け」と指示を出すが動かない。

こっちに向かってる。

ドーベルマンは、主人が誰なのか分からないみたいだ。

私を囲むようにジリジリと距離を詰めてくる。

数歩で近付くという時、ドーベルマンは一斉に襲ってきた。

 

ワルサーしか持っていなかった。

すぐに弾切れになったワルサーに弾を詰めようと路地に隠れるが、ド―ベルマンは縦一列になって動いている。

すると背中の方から何か異音が聞こえる。

 

パチパチ……と音がする方に振り向くと、誰かが自分にくっ付いてこようとする。

「貴様っ、私を誰だと思ってる! 離れろっ!」

「ふふ……。撃ちたければ、撃てばいい」

 

よくよく見るとアランなのか。

「貴様、どうやってここに……」

「蛇の道は蛇って言うだろ」

 

私に近づいてこようとしている奴の身体から、異音が聞こえてくる。

パチパチパチパチ……と、音は大きくなってくる。

風に煽られ、目の前の奴の服は捲られ中が見える。

そいつの身体には、ダイナマイトが点火していて火花を散らしているのが見える。

そいつが口を開いてきた。

「マルク。貴様も『無』に還れ」

そいつが放った言葉が言い終わると同時に爆発が起きた。

ドンッ!

 

その為、「貴様、誰に向かっての物言いだ。マルク様とか、ジュニアとか呼ぶべきものだろう」と言いたかったのに言えずじまいだった。

その代り、一瞬で身体が熱くなり意識が無くなった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。