甥っ子コンプレックス

50

お姉様。

大好きで親愛なるマドリーヌ姉様。

やっとだ。

やっと、これで貴女に会える。

 

シェリーにも会える。

ごめん、待たせてしまったね。

 

ヒロ。

私の大事なヒロ。

完成したばかりの音楽ホールで、一番最初にリサイタルをして聴かせて貰った。

あの時が、本当に幸せだった。

「今度はエドとのダブル演奏を聴かせてくれ」

そう言ったのに、その願いは叶う事はなかった。

 

それにね、あの書類にサインして欲しかったんだ。

『 Dear ヒロト=ヴィオリーネ・フォン・パトリッシュ=フクヤマ

これからは、

マルク=ボルディーヌ・フォン・パトリッシュと共に、

2人でドイツで生きる事を誓います。

たくさん話をして、たくさん旅行して、たくさん演奏も聴かせてね。

楽しみにしてるよ。

(マルク)

マルク=ボルディーヌ・フォン・パトリッシュ

(ヒロ)

あの空欄にヒロのサインが欲しかったんだ。

せっかく会えたのに、最後は睨みあいだったけど、私は嬉しかったんだよ。

会えて、本当に嬉しかったんだ。

 

私は、決してヒロの遺産目当てでは無い。

ただ、昔と同じ様に懐いて欲しかったんだ。

それだけなんだ。

 

『御』になりたいという夢を持った事もあった。

だけど、それにはヒロが必要なんだ。

私が『御』になって、ヒロは参謀役になってもいい。それか、ヒロに『御』になってもらって、私と一緒にフォン・パトリッシュを栄えさせるという手もある。

それが、急にデータにアクセス出来なくて焦っていた。

寂しかったんだ。

 

息子や孫ではなく、ヒロ。

君だけなんだ。

 

私の大事なヒロ。

エドの所に居るなら、居ると言って欲しかったな。

それなら、こんなに苦労しなくても良かったのに。

でも、居場所は分かった。

これで安心できる。

今度は空の上から見守ってるよ。

また、ドイツにおいで。

待ってるよ。

 

エド。

それまでヒロの事をよろしく。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。