同じ人を好きになったアイツと俺

21

一緒に暮らし始めて、今日で丸々6年。

俺たちは27歳になった。

真は大学を卒業すると商社マンになり、俺はそのまま小説家まっしぐら。

空白の6年と5ヶ月は俺にとってハングリーな期間だった。片割れは生きていると信じていたものの、再会するとは思っても無かった。

その片割れは、俺の大好きな人と付き合っている。

日下さん。

あなたが好きです。

あなたが俺を見つけてくれた。

あの日から、ずっと。

思うだけで行動には移せないけれど、その分、片割れである真が動いている。そういえば、俺がキューピットになって2人をくっつけた、あの日。

あの日は、たしか。

「たっだいまー」

元気な声が俺を現実に引き戻してくれる。帰ってきたからと言って顔を覗かせてくる真に言ってやる。

「朝帰りするんじゃなかったのか。」

「するわけないだろ。」

大好きな人を奪われているのだけどなぜか憎めない。それは、相手が真だから。

真。俺の片割れであり勝手な奴。

お前の恋愛、いつか邪魔してやる。

小説家の観察眼を見くびるなよ!

 

(終わり)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。