龍神の宮殿

吾は眠っていた。

その眠りを妨げるのは、何処のどいつだ。

吾は、この地に眠る神龍。

吾を敬え。

吾に力を。

吾に血を。

肉は、もういい。

まだ半分近く残ってるからだ。

そんな時、崖を登ってくる5人の人間と、見た事も無い物が結界内に入ってきた。

その物から、人間が出てきた。

空飛ぶ物を人間は創ったのか。

いつもの風来坊だろうと思って放っていたのだが、まさか、あんな事になろうとは思っても無かったのだ。

 

吾の住処であり、吾を護るべき結界である崖を登ってくる5人の人間と、奇妙な空を浮く物から出てきた人間。

その中で、1人の人間に目が留まった。

チャチな物で、吾に歯向かってこようとしている人間だ。

そいつは言っていた。

”デジタルドクターでありスポーツドクターでもある、ヒューマンドクター”であり、”護身銃”だとも言っていた。

なんとなくだが興味が湧いたが、相手は人間だ。

人間は不味いらしいのだが、あいつなら美味いだろうな。いや、だけど神の加護付きなら生かした方が良いかもしれないな。

何故だが、そう思った。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。