龍神の宮殿

お母さんの言葉はこれだった。

”お父さんの言う通りよ。今は眠りなさい。宮殿の中に御守りを入れてあげてるから、それは貴方を護ってくれる。いい子だから、ね。”

”お母さん……”

”ああ、そうだわ。子守唄を歌ってあげるわ。いつも歌ってあげてる、あの歌をね。”

そう言うと歌いだした。

すると、その場に居た他の龍たちも寝てしまった。皆が寝静まったのを見計らって、母龍は呟いていた。

”でも、これっきりは寂しいわ。これから50年に一度で良いから、お母さんに貴方の成長した姿を見せて頂戴。”

そう言うと、その母龍は崖の中腹にあたる部分に小屋を作り、水が滲み出てくるのを利用して5杯の杯を作り置いた。

それは1杯につき10年経つと、もう1杯の杯に水が入るというシステムで、5杯とも満杯になると眠りから覚めて、真っ先に水を飲み完全に眠りから覚めるというものだ。

そして、近場に澄んだ水と目覚めた時の食糧がある様にと水場を作る。

 

頬擦りは出来ないが、その寝顔に微笑を向け声を掛けてやる。

”可愛い私の幼き子よ。50年後、会いましょう。”

 

後ろを振り向くと、まだ寝ている龍たちに怒りを込めて雷を落としてやる。

何人かの呻き声が聞こえてくる。

”うぅ……”

”背中がプスプスいってる気がする……”

”同じく……”

“熱い……”

その連中に言ってやる。

”ほらほら、いつまで寝てるの。貴方たち、帰るわよ。”

その言葉に、夫も文句を言ってくる。

”起こし方を考えてくれ。”

”あらぁ、ごめんあそばせ。”

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。