龍神の宮殿

50年後、親と対面しすると、そこから出れるみたいで、親が手伝ってくれた。

地割れを起こして、その反動で近くにある水が溢れだし、その水を被る。50年に一度の風呂だ。

目の前に広がる大量の水を目にした僕は、歩けることが嬉しくてズシンズシンと地面を歩き水に浸かる。その水に身体を浮かべ、親子3人でぶるぶると身体を振るわす。

”ああ、良い気持ちだ。”

”しょっぱいけど、たくさんあるから大丈夫ね。”

”どうして、しょっぱいの?”

”この水は海水と言って、ポセイドンの管理している水域よ。ありがたいわねえ。”

”ポセイドンって、海の王のポセイドンだね。”

”そうよ。神界には出入り出来ないけれど、海の王からも同じ様に言われると、私たち龍は何処にも行けなくなる。”

”そんな……”

”肝に命じなさい。自分のやった事を忘れないで。”

”はい。ごめんなさい。”

 

その後、2人の背に乗って空高く飛び、自分の居場所を知った。

キラキラと光り輝く宮殿を初めて見た。

”綺麗だあー”

”そうね。宝物を持って来たから置いておくわね。”

”ありがとう。”

 

3人で空を駆けていたら、お父さんの声が聞こえてくる。

”そろそろ戻らないと。”

”もう、そんな時間なのね。”

”あっという間だな。”

”私の幼き子よ。50年後、また会いましょう。”

そう言うと、振り落とされた。

”だからって、こんなの”

文句を言いたかったのに、お母さんは遮ってくれる。

”貴方は龍よ。飛べるのよ。でも翼は生えないわね。新鮮な生き物を食らいなさい。そうすれば50年後は翼が生えるでしょう。”

”どんな生き物なの?”

”ここの土地に生きてる物。動物に、水に住む生き物。でないと火も噴けないわよ。”

”火も噴けるの?”

興味津々になり聞いていたら、お父さんが答えてくれる。

”火を噴けるようになるのは、もっと大きくなってからだ。”

”はい、楽しみにします。”

それには、もっと寝る事が大切だと言ってくれた。

お母さんは、今回も子守唄を歌ってくれた。

気が付くと、いつもの所に居た。うとうとと微睡み眠るを繰り返す日々が再度、訪れた。

 

それから50年後、また親と会った。

前回同様、地割れを起こし水浴びして身体に付いた土砂を流す。

3人で空を飛び、話をしたりと楽しんでいた。

すると、いきなり突き落とされた。

”何をっ”

”あら、可愛い翼だこと。”

”え、翼?”

今度は、お父さんだ。

”あと50年経つと、もっと大きい翼になるだろうな。”

”だからって、いきなり落とさないでね。”

”はははっ”

と笑ってくれるが、お父さんは一言だった。

”可愛い子は落とせと言うからなあ。”

 

その言葉に、思わず睨んでいた。

50年毎に会う度、4回目ともなると大きく立派な翼が生えた。

”一緒に飛び回りましょう。”

”うん!”

 

初めて1人で天空を飛んだ。怖かったけど、2人が居てくれるので安心して駆け回っていた。

爽快感があった。

5回目になると自信が付いたので、3人で一緒に駆け巡り自由に飛べるようになった。

だから言っていた。

”このまま帰りたい。”

”駄目よ。まだ皆の怒りは収まって無いの。”

”でも”

お父さんが返してくれる。

”あと50年待て。”

”どうして50年なの?”

”お母さんの気持ちを無駄にしないで欲しい。皆に黙って来てたのだが……”

すると、お父さんは黙ってしまった。

”お父さん、どうしたの?”

”もう、ここに来ることは無い。”

”どうして?”

”いいか、お前だけは生きろ。”

”意味が分からないよ。”

すると、お父さんはヒュンッと物凄い速さで空高く飛び、何処かへ行こうとしている。その姿を追う様に”待てー”、”裏切り者ー”と、たくさんの声が聞こえてきた。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。