龍神の宮殿

お母さんに言っていた。

”お父さんを助けに”

だがビシッと音が聞こえた。

”ごめんね。いつもは子守唄で寝させていたのだけど、今回は幽体離脱させて貰った。この本体は徐々に朽ちていく。でも、貴方は生きる。”

”お母さん。僕は、どうなったの?”

”50年後、もう一度目覚めると、貴方の身体は子供の身体から大人の身体になる。お父さんよりも素敵な龍になるでしょうね。”

”お母さん、僕は”

”一度しか言わないからね。”

”う、うん。”

”貴方は神龍になったの。魂だけで、これからは生きていくの。”

”え?”

”でも、本体を動かす事は出来ない。”

どういう意味なのか分からなくて黙っていた。いつの間にか、お母さんも僕と同じ小さい身体になっている。

宮殿の中に入ると、母は色々と何かをしていってる。

”お母さん……”

”いい事。これは、貴方を縛る物。隠し持っておきなさい。この絵画の裏に置いとくわね。それと、いつか渡した御守り。あれに金粉を入れておけば強力な御守りになる。”

”金粉って”

”大丈夫よ。お母さんのを入れてあげるから。”

 

お母さんの口から噴き出てきた物は、金一色の物。

”ここは風呂にすると良い。疲れも取れてリフレッシュ出来るわよ。”

”ありがとう。”

宮殿の中に宝物殿や武器庫も作ってくれると、色々な武器や宝物類も出してくれる。

すると、急に立ち止まった。

”お母さん、どうしたの?”

 

何も返事がないので、もう一度、声を掛ける。

”お母さん? ねえ、どうしたの?”

暫らく待ってると、やっと声が返ってきた。

”こっちへ。”

そう言うと、下へと降りていく。ついでにと言って、もう一つ武器庫を作ってくれた。

”お母さん、どこに行くの?”

お母さんの返事は無く、何処かに着いたみたいだ。そこに在るものに気が付いた。これは何だろうと触ってみる。

お母さんの声が聞こえてきた。

”これは、貴方の姿よ。”

”姿って?”

”貴方の本体、肉体よ。”

”え……”

すると、とんでもない事を言ってきた。

”私を食べて。”

”どうして?”

”もう、これっきり会えないから。”

”どうしてなの?”

 

お母さんは悲しそうな表情をしている事に気が付いた。

”お母さん”

”お父さんが……”

”うん?”

”お父さんが死んだの……”

”死んだって、どういう意味?”

その問いに答えてくれなかった。

”強い奴を食らうと、その力は自分の物になる。お父さんの肉体を食らった奴等は…、あの連中は一層強くなった。貴方だけでも生きてね。”

”お母さん、意味が分からないのだけど”

そう返すと、お母さんは微笑んでくれた。

”分からない方が良いのよ。”

 

そう言うと、お母さんは元の龍の姿に戻ると、勝手に僕の口をこじ開け牙を出し、その牙の下に頭を突っ込んだ。

”さようなら。”

どういう意味なのか分からず聞こうとしたら、僕の肉体の口は閉じられ牙からは赤い物が流れていた。

”お母さん?”

何故だが叫んでいた。

”あ……、あああ――――っ”

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。