龍神の宮殿

仲良しに

3回目ともなる今日は、3時間やって8本当たった。それが嬉しくて、2人を引き留めていた。

「利根川専務、どうされました?」

「いや、嬉しくて、嬉しくて。少しでも嬉しさを共有したくて引き留めたのだが、良かったかな?」

「もちろん良いですよ。それに、そんなに利根川専務が言ってくれると嬉しいです。安藤専務は当たりませんでしたが姿勢良くなりましたしね。」

安藤君は苦笑している。

「私は、別に趣味感覚だから良いんだよ。」

「苦しさ紛れの言葉ですね。安藤専務から言われたときは驚きましたけどね。」

その言葉に聞いていた。

「安藤専務と私、どっちが先だった?」

「安藤専務です。」

「ああ、だから安藤専務もと言っていたのか……」

「はい。結果オーライなので。私は本当に嬉しいです♪」

裏表のない瀬戸常務は本当に嬉しそうだ。

だから、言っていた。

「教えてくれた瀬戸君に、せめてもの気持ちを伝えたいのだが」

「いえいえ、そんな大それた事しなくていいですよ。その気持ちだけで十分です。」

「いや、実は。そのつもりで食事を作ろうと思ってね。」

その言葉に驚いたのは瀬戸常務だけでなく安藤専務もだった。

「利根川専務が?」

「食事をって……」

2人揃って驚いている。

「そのつもりで引き留めているんだ。食べてくれると嬉しいのだが……」

見るからに安藤専務は考え込んでいるし、瀬戸君に至っては慌てている。だから本音を口にしていた。

「今までが今までだけど、今回は素直な気持ちなんだ。だから食べてくれると嬉しい。」

安藤専務と瀬戸君の言葉が重なる。

「見返りとか、貸しとかは無しですか?」

「もちろん、無いよ。」

安藤専務は納得顔をしている。

「なるほど即答ね。」

瀬戸君は思案顔だ。

「好き嫌いあるのだけど……」

その言葉で失敗したと思っていると、安藤が口を挟んでくる。

「利根川専務の気持ちは頂くとして、違う日にしませんか?」

「安藤専務?」

「この瀬戸君は、昔から好き嫌いがたくさんあってね。私たちは従兄弟なんだけど、本当にこいつは、嫌いな物は徹底して食べないんだよ。」

「ちょっと、安藤専務。」

「外食にするか、違う日にするかで。今日は、瀬戸君の好き嫌いを聞いておくとかね。」

ダメ元で聞いていた。

「和食にするつもりだったのだが……」

「和食だって。瀬戸君どうする?」

そう聞かれると、メニューによって違う。そう思い、瀬戸は利根川専務に聞いていた。

「和食って天ぷらですか?」

「揚げ物は嫌い?」

「こってりは嫌いなんです。」

「カレーやシチューは?」

「好きです。」

「ちなみに、中華は?」

「中華って、油こってりが多いですからね。餃子やアッサリ味のチャーハンぐらいなら……」

「パスタ関係は?」

「好きです。」

メニューは決まった。

「チャーハンにして、あとジャガイモとキュウリでポテトサラダ。でも和食も入れたいのだけど、茶碗蒸しと味噌汁。茶碗蒸しは大丈夫?」

「茶碗蒸しとポテトサラダ、大好きです。」

「それは良かった。すぐ作るから待ってて。」

「はい、ありがとうございます。」

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。