龍神の宮殿

終わりよければすべて良し!

安藤専務はご機嫌だ。

「うん、美味い!」

瀬戸常務もご機嫌だ。

「美味しい!」

そんな2人を見て、利根川専務は本当に嬉しそうだ。

「ご馳走様でした。」

「美味しい物が食べられて幸せ-」

「お前は、その好き嫌いをなくそうな。」

「えー、なんで?」

心底からの言葉なのかはすぐに分かる。だから憎めない相手が、また2人増えた利根川は笑顔で手を振り見送っていた。

車に乗り込んだ2人は言っていた。

「しかし、本当に美味かったなぁ。」

「誰かさんよりも美味しかった。」

「毎回のように人を巻き添えにしてくれやがって。」

「だって、本当に怖かったんだよ。」

「もう一度、言ってみろ。」

「隅っこで壁ドンされながら脅しに来たのか、と怯えていたのに。中身は弓道を教えてというものだったからなあ。それに、ビクビクしながら教えるよりはと思って呼んだの。それぐらい分かってよね。」

「まあな、今までが今までだったからなぁ。」

「そうだよ、本当にビビったんだよ。でも、どうして隅っこに行かされたのだろう?」

すると、安藤専務はキッパリと言ってきた。

「そりゃ、岡崎君がいるからじゃないか。」

「岡崎君? なんで、岡崎君が」

「思い出せよ。岡崎君は利根川の秘書をしていたんだぞ。」

「あ、そうか! そういえば、あの利根川専務に唯一タメで言い合える人物だ。」

「そう言う奴が、自分の秘書になって良かったなあ。」

「まあ、言い負かされているのだけどね……」

「そりゃ、岡崎君はベテラン秘書だからな。それに、誰かに教えを請うという場面だから、岡崎君に聞かれたくなかったのだろ。そう思うな。」

「利根川専務はプライドの塊だから、なおさらだね。」

「そうそう。」

わははと笑いながら、それぞれのマンションに帰っていった2人だった。

 

ヒロこと安藤専務は神剣と盾を1セット、スタンダードなナックル1セットを土産に貰って帰ったのだが、もっぱらナックルで遊んでいた。

「やっぱりナックルが一番だよなあ。思いっきりインコースに殴り入れるとスカッとするだろうな。」

 

ヨシこと瀬戸常務は弓矢2セットと矢は残った48筒全部の他に、フェンシング剣と盾を持ち帰ったのだが、利根川専務のコース作りにヒントを得て、自分の部屋の細長い廊下を道場に見立てて的を飾り、そこに矢を射る。

「うん、やっぱり弓道って良いなあ」

 

タカこと高橋常務はフェンシング剣と盾、弓矢1セットに矢は1筒だが持ち帰るとフェンシング剣を構え、盾に切りつけている。

坊ちゃんこと社長子息は皆から貰ったナックル、神剣と盾、弓矢1セットと1筒の矢を見ていると、行って帰ってきたんだよなあと感慨深くなっている。

そして、お助け隊が漁っていた物は、次の物語で。

(終わり)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。